冬準備

 お寒ぅございます。
最近は朝の最低気温が1ケタになり、岩手特有のキリッとした寒さが
感じられるようになりました。

 我が家は寒がりな人、犬がいるので、早速アラジンストーブを出しました。
d0077992_10541957.jpg

 炎筒の掃除を行い、芯を上げてメンテナンス完了。
アラジンは部品が細かく分かれていて、部品毎に交換する事が出来ます。
永く使えるよう、構造もいたってシンプル。

 最近の住宅はとても気密性が高いので、このような暖房は敬遠されがちですが、
今年経験した停電や震災の時には大活躍でした。

 暖をとり、お湯を沸かし、そして簡単な料理も出来ます。
何より炎を見ているのが楽しいです。停電時の暗がりにはぼんやりとした明かりが
とても頼もしく感じられました。
 
 今年はこのような開放式ストーブが売れているらしいですが、少し予算を増やして
デザインに優れたアラジンを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 これからの季節、ボクは燗をつけるのに使います。
ついでにスルメやタラの干物などを焼いたりして…。
 その匂いは、それはそれは不評です。。

 
[PR]
by gda-314 | 2011-10-04 11:08 | インテリア | Comments(0)
<< 初冠雪 color re form >>