照明

 最近はLEDの普及が著しいです。
ボクも実際使っているLED照明はありますが、白熱色を選んでもLEDの基本は青色に
着色しているのでどことなく違和感を感じます。

 そこで今回選定したのは「PLUMEN」という電球型蛍光灯。
d0077992_21421036.jpg


蛍光灯ですが11Wで白熱灯50W相当、耐久性は白熱灯の8倍、明るさは2700Kと、
とてもスグレモノを選定。
 
 天井はよしず張り。民家風の意匠に、最新式の照明と懐かしい器具。
こういった組み合わせで、古くて良いものを、最新の蛍光灯と合わせることにより
機能と性能を両立させます。

 断熱や省エネといったキーワードで家自体が窮屈に、そしてつまらなくなるのはとても残念です。
確かに今はこのキーワードを無視出来ないご時世ですが、それだけを主張してこだわる
世の中ではなく、このような組み合わせで楽しく、結果として省エネもしている、そんな
感覚が精神的にも健康的ではないかと思います。

 


 
[PR]
by gda-314 | 2012-07-31 22:00 | 建築 | Comments(0)
<< 第2回トレッキング ナイトキャップ >>