処暑

d0077992_23333827.jpg
紅葉が色づくころ、完成予定のK様邸

d0077992_23325387.jpg
庭には伐採した木でつくられたベンチ。K様手作りです
d0077992_23345478.jpg
雪は遠くに飛ばせるように勾配を設けたものの、平屋で低く抑えられた家。

デザインと言う名の奇抜さで周囲に存在感を示すのも手法の1つ。

周囲に溶け込み、気をつけなければ通り過ぎてしまうような控えめな佇まいを目指すのもまた手法の1つ。

20代の頃は前者、そして現在は後者の考えがしっくりきます。

これも趣向の変化の1つであると思います。角が取れて丸くなっていく。

そんな変化を意匠の好みでも感じます。

[PR]
by gda-314 | 2017-08-22 08:08 | 建築 | Comments(0)
<< お知らせ 癒される景色 >>