家の表情

d0077992_21374592.jpg
秋晴れ続く八幡平。

朝の肌寒さと日中の暑さの差が大きくなってきました。

現場付近も、草木によっては紅葉が始まりつつあります。
d0077992_21381853.jpg
秋が深まるにつれ、家の中に日の光が入ってくるようになりました。

冬至あたりには更にあと3mくらいは差し込むようになります。
d0077992_21380702.jpg
外壁の塗装が終わると、いよいよ足場を外します。

本来、外壁の貼り分け、階で色を変えるなどはあまり好きではないのですが、

K様邸は正面が18メートル、奥行き10メートルもあるため、ワンポイントで

貼り分けを行うことにしました。

~調サイディングのような、全て同じ色柄のものではなく、商品でありながら

むしろ同じものは無い外壁材を採用します。

ノッペリ感が無くなり、表情が出てきます。

住宅が商品化していくにつれ、画一的な建材が席巻している中で、このような商品

を開発したメーカーさんには心からエールを送りたいと思います。

その足掛かりとなるのがK様邸。K様にも施工途中の変更でありながら快諾いただき、

実現する運びとなりました。



by gda-314 | 2018-09-20 08:03 | 建築 | Comments(0)
<< K様邸便り2 K様邸便り >>