不揃い

d0077992_17232527.jpg
K様邸の外壁の一部に張った材料。

1枚毎に表情の違いがあり、白華現象している部分もあって、1つとして同じものはありません。
d0077992_17233644.jpg
メインの杉板も、無垢材ゆえ同じものはないです。

サイディングは「同じもの」でなければ商品として失格なわけで、このような表情は望めません。

特殊な塗料を塗布して、赤味や白い部分、また日陰と日向でも変化に違いがあるため、

一層表情豊かになりました。とはいえ、塗布して1週間程度。

これからさらに変化が出てきます。
d0077992_17233041.jpg
収納系の部屋にはシナベニヤを貼りました。

窓が少なく暗くなりがちな収納の部屋に、シナベニヤの暖かくも柔らかい明るさで空間が満たされます。

こちらはこれが仕上げとなるため、継ぎ目の目地を合わせるのが非常にシビア。

大工さんはカンナやノミを駆使して加工していました。
d0077992_17232197.jpg
トイレ、洗面などの水廻りの天井には弊社定番の青森ヒバ。

芳香剤が苦手な方には最適な材料です。清々しい清涼剤となって御不浄空間が清められます。
d0077992_17231458.jpg
居室の天井にはレッドシダー。

こちらも赤味や白味が混在しており、吹き抜けの大空間に表情が出てきます。

d0077992_17234435.jpg
左官職人が1日がかりでしごいた玄関土間。

タイルを貼るわけではないため、失敗が許されない1発勝負。

職人のコテの跡が見えます。

商品として均質化、平準化した材料を多用せず、職人の手仕事の跡が見える。

そんな要素で出来上がった空間は、おしゃれさや格好良さとは無縁ながらも、

きっと豊かな空間になるものと思います。


[PR]
by gda-314 | 2018-10-01 08:00 | 建築 | Comments(0)
<< 神無月1 住む。秋号 >>