人気ブログランキング |

S様邸だより

d0077992_10560182.jpg
絵からして頼りになりそうな耐震壁。

耐震壁はいくつか種類がありますが、耐震以外の機能も加味して、弊社ではこれを採用しています。

今年になって供給が不安定になった時期もありましたが、やはりこれが一番だと思います。

ベニヤを張る方法も主にツーバイフォー工法で採用されていますが、現在の弊社の断熱材、

壁の考え方を加味すると、透湿係数がほとんど無いベニヤは現在採用していません。
d0077992_10561766.jpg
西面に、高めに設置された窓からは南昌山が望めます。

道路から家の中は見られずに景色を楽しめる。S様邸は視界が遠く開けるのは道路に面する

西側だったので、西日対策とプライバシーであまり大きな窓を設置しませんでしたが、

想定通り山の景色を眺めることが出来ました。
d0077992_10563003.jpg
L型の形状のS様邸。L型特有の、付け根部分にかかる応力に対して、収納を集約させ、

柱をたくさん配置することで、大きな金物に頼らなくても良いN値となりました。
d0077992_10562421.jpg
大きな窓のある南面には、1、5m張り出した軒。

屋根の形状から、この軒は高めに設置されているので、暗くならずにしっかりと家を守ります。

外からは一見、それ程軒がせり出しているようには見えないようにしています。
d0077992_10564363.jpg
今回は敷地全体にブルーシートを張りました。

それまで畑で使用されていた土地で、完成後も庭で畑を楽しむ予定のS様。

畑の良い土は、雨が降ると泥濘んでしまい、土を現場の内外に引き込んでしまう恐れがあります。

また、畑で使用する際には工事で敷いた砕石が邪魔になりますし、誤って落とした釘や金物が畑に

落ちると大変です。考慮した結果、ブルーシートで敷地全部を養生することにしました。

ご近所にも迷惑をかけず、S様の趣味である畑仕事にも配慮したこの方法は、現場の美化にとても

役立っています。



by gda-314 | 2019-06-10 08:08 | 建築 | Comments(0)
<< お知らせ 6月最初の週末 >>