<   2011年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧

forrest紹介1

d0077992_21452437.jpg

 八幡平ギャラリー「forrest」(森の中、と、休息、という意味を合わせた造語です)
にあるスピーカーは約40年前のTANNOY。
この頃のTANNOYはヴァイオリンやギターの音を、とても心地良く聴かせてくれます。
 ゴンチチあたりがとてもハマります。
フルレンジならではの聴きやすさも捨てがたいです。

 スピーカーの背面には音響用の吸音ボードを貼りました。
有孔シナ合板に似た、なかなか良い仕上げ材です。

d0077992_22275251.jpg

 2階の和室にはイサムノグチの和紙照明。
ユニークな形で、和紙から柔らかな光がもれてくる、といった感じです。

d0077992_22202199.jpg

 こちらもイサムノグチの和紙照明。階段に連続した吹き抜けに設置。
彫刻家ならではの造形です。

d0077992_22353281.jpg

 和室のキャビネットの上に、最近ハマっている和のものを置き、
床の間的な感覚で設えています。

 両脇は南部鉄器の花器と茶釜。どちらも実家で眠っていたものを拝借。
真ん中は中古品屋さんで無造作に置かれていたものを購入。
散歩で拾った松の枝を適当に挿しています。

 落ち着いた色の内装で、好きなものに囲まれると気持ちが
リラックス出来ます。その分、酒量も増えてしまいます。。 
 
 秋にじっくり味わいたいもの
お酒:鷲の尾「秋あがり」
音楽:坂本龍一 大貫妙子「UTAU」

 
[PR]
by gda-314 | 2011-08-31 23:20 | インテリア | Comments(0)

green green

d0077992_23212558.jpg

 先々週の八幡平。
雨に洗われた緑がとてもきれいでした。

d0077992_23425860.jpg

 日中は暑いものの、朝夕の涼しさや、日陰で風にあたると秋だなぁ、と感じます。
この高原が赤色に染まるのもあともう少しです。
  
d0077992_23505899.jpg

 題名 「待ってぇ〜ナツぅ」
 この時期海を見ながら聞きたい曲:SAS 「海」
 
[PR]
by gda-314 | 2011-08-31 00:34 | 八幡平ライフ | Comments(0)

相棒

d0077992_21574640.jpg

 相棒2台をオトナ買いしました。

今までのパソコンの調子の悪さは解消されず。。思い切ってmacにしました。

 まだ慣れませんが、さすがmacと思うところがたくさんあります。

 あとは、以前より欲しかったデジタル一眼カメラ。

PENTAXと大いに悩み、結局Nikonにしました。レンズを使い勝手の良い

18-105にしたので、あまりレンズ交換をしなくても良いと思います。

 早速、八幡平は県民の森にて撮影会。
d0077992_21282555.jpg



d0077992_21354790.jpg

 修正はしていませんが、macは写真編集機能が充実しています。

良い写真を撮れるよう、腕を磨きます。

d0077992_21434947.jpg

 題名 「日本の夏、金鳥の夏」

極度の虫嫌い。最近アブがしつこいです。でも散歩して眠いのでこのような

策を思いついたようです。。
[PR]
by gda-314 | 2011-08-29 21:58 | Comments(0)

温故知新

d0077992_2214323.jpg

 古めかしそうな写真ですが、築2年の八幡平ギャラリーです。
1階の天井を貼らないので、梁や火打ち、それらをつなげるボルトなどが丸見えです。

 また、電気配線も見えるので、碍子(ガイシ)にて配線しました。
電気屋さん泣かせの仕事でしたが、昔の電気の実地試験では碍子配線があったようです。

 梁や火打ちは、何年も経ったかのように見える色を塗りました。
建物探訪の渡辺篤史さんも構造丸見えが好きだとか。

 荒々しく見えるのも確かですが、不思議と落ち着きます。
作る側は、むしろ大変になっちゃうんですけどね。。

 
[PR]
by gda-314 | 2011-08-26 22:26 | 建築 | Comments(0)

自然塗料 漆喰

 
d0077992_2156511.jpg

 盛岡市南西部の団地の改修工事が着々と進んでいます。
和室に使用する漆喰の色は「灰桜」

 なんとも素敵な色です。少しくすんだ感じの桜色で、落ち着きがあります。
和室の漆喰と言うと、昔ながらのものを想像される方もいらっしゃいますが、
最近は色も多彩で、どれにしようか迷ってしまいます。

 ローラーや刷毛で塗れるこちらの漆喰は、見た目だけでなく施工上でも
スグレモノです。



 
[PR]
by gda-314 | 2011-08-25 22:06 | 建築 | Comments(0)

うれしい仕事

 八幡平の別荘地の方から仕事をいただきました。
別荘地をくまなく歩き、郵便受けがある家の殆どにチラシを投函
したところ、そのチラシを見て問い合わせいただきました。
d0077992_11141333.jpg

 温泉成分で水道管が傷んでいました。
金額的には大きな工事ではないですが、お問い合わせいただいた事が
とても嬉しかったです。

 S様、この度はありがとうございます。今後とも宜しくお願いいたします。
[PR]
by gda-314 | 2011-08-23 11:16 | 八幡平ライフ | Comments(0)

新×2

d0077992_18315849.jpg

 しい仕事が始まりました。
盛岡市南西部の住宅団地での、内装の改修工事です。

 和室とキッチンの改修。壁にはローラーで塗れる漆喰や落ち着いた色の
塗装を施工します。

 部分的な改修ですが、使い勝手が良くなり、印象もガラリと変わるよう、
頑張りたいと思います。
--------------------------------------------------------------------------------------
 志を共にする建築家の友人の、結婚式の二次会の幹事を仰せつかりました。
ホヤホヤの幸せカップル。思い出に残る二次会にしたいと思います。
 
 それにしてもお祝いって良いですね。
お二人といるだけで、幸せを分けてもらうような感じです。
 
 二次会に使いたい曲
 岡村靖幸 「だいすき」

 久々に岡ちゃんのダンスが見たいです。
[PR]
by gda-314 | 2011-08-22 18:54 | 建築 | Comments(2)

初熱

d0077992_15343559.jpg

お盆休みの初日からムスメが発熱。生まれて初めての病院通いとなりました。

初めての病気に、親は右往左往(ボクだけですけど)。救急受付の病院は大混雑。
休みの時にも対応してくれる病院の方に感謝しつつも、何で休みの初日に病気に
なっちゃうかなぁ、と思いきや、聞けば結構ありがちみたいですね。

田沢湖ドライブや、旧友との食事会なども全てキャンセル・・・

お陰で読書が進みました。

「バーの主人がこっそり教える味なつまみ」 関口一就

「大人の流儀」伊集院静

「野わけ」渡辺淳一

 何もしなかったお盆休みは久しぶりです。。
シエスタでの読書は、ホントにシエスタになっちゃいます。。
[PR]
by gda-314 | 2011-08-16 15:34 | | Comments(0)

color re form ~最近の施工事例から

d0077992_16154744.jpg

 比較的低予算で部屋の印象をガラリと変える事が出来るのが、塗装です。
白かったクロスの一面を落ち着いた色に塗ってみました。

 テレビの後ろを落ち着いた色に塗ると、目が疲れにくくなるという
効果もあります。観葉植物の色も映えます。

d0077992_16154753.jpg

 畳を敷いた和コーナーには和テイストな色。
濃い目の家具と相性が良いです。

d0077992_16154799.jpg

 ニッチは色々なものを飾るので、それらを引き立たせるため敢えて黒に塗りました。
上部には照明を埋め込んだので、夜がまたいい雰囲気になります。

 携帯(しかも古い・・)画像で申し訳ありませんが、このような
re form(いわゆるリフォームとは少し意味合いが違います)もお薦めします。
[PR]
by gda-314 | 2011-08-11 16:15 | 建築 | Comments(0)

何気ない日常を楽しむ

d0077992_21463478.jpg


 普段の食卓をちょっとだけこだわる、それだけでいつもと違った雰囲気が味わえる。
ご飯もいつもよりおいしければ、なお良しなんですけど。。
(ナイフ、フォークの並べ方はツッコまないでください・・)


d0077992_21502484.jpg


 ご飯がおいしいと、お酒が進む。ましてこの暑さ。でも暑いのも言い訳にして、
毎日飲んでしまいます。。


 ロウソクの灯りで、いつもの食事や、いつも向かい合う顔が、より魅力的に
見える、と、思いますよ。

 ダイニングテーブル:ヒュルスタ
 チェア:Yチェア
 食器:ポルトガルのきれいな白いお皿
 お酒:兼八原酒(麦)、カリー春雨(泡盛)、cooks(スパークリング)
 ランチョンマット:chilewich、バリの民芸品
[PR]
by gda-314 | 2011-08-10 21:55 | インテリア | Comments(0)