人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

小春日和

d0077992_17582983.jpg

 週の初日で何かと慌ただしい月曜日、盛岡市内のとある場所で、なんとも
贅沢なひとときを過ごしました。

 築60年の、とても素敵な空間。
コンセプトである「time&space」。ここでは時間がとてもゆっくり流れています。

 時間をいかに有効に使うか、いかに無駄な時間を排除するか、普段はそんな事を考えがち
ですが、ここはそんな価値観とは無縁な場所です。

 おいしいコーヒーとシフォンケーキ。
そして建築とオーナー夫婦が醸し出すゆったりとした雰囲気。

 ご主人とは様々な分野の事をたくさん話し込み、気がつけば2時間。
慌ただしいはずの月曜日が、身も心も洗われたような感覚になりました。

 たまにはこのような場所で命の洗濯、ってのもいいと思います。
命の洗濯するほど働いているのか、と言われると、グゥの音も出ませんけど。。
by gda-314 | 2011-10-31 17:58 | 建築 | Comments(0)

冬の便り

 水曜日、夕方から八幡平ギャラリーへ。
道路情報では、アスピーテラインが積雪のため通行止めになっているとか。

 なるほど、夜はとても寒く、星がきれいに見えました。

スッキリ晴れた木曜日、愛犬といつもの散歩。
d0077992_23372244.jpg



d0077992_23382927.jpg



d0077992_23394610.jpg

 八幡平は、確かに雪化粧しています。

d0077992_2344294.jpg

 岩手山も雪化粧。

d0077992_23411424.jpg

 ナナカマドの落ち葉の上を歩く。
サクサク、カシャカシャと、気持ちいい音。音からも秋を感じます。

d0077992_23424681.jpg

 残り少ない秋を、満喫しようと思います。
by gda-314 | 2011-10-27 23:57 | 八幡平ライフ | Comments(0)

アナログ

d0077992_2256184.jpg


 デジタルなコミュニケーションが、実はあまり得意ではなく。
仕事ではそんな事も言ってられず、メールでのやりとりが殆どです。

 先日、宇都宮に戻られた陶芸家の先生に、仕事のお礼の手紙を書きました。
久しぶりの便せんと万年筆で、長い文章を書くのはとても緊張しました。

 
d0077992_22571370.jpg


 数日後、返事のお手紙を2通いただきました。
こちらの気持ちが全て伝わったかどうか、わかりませんが(表現力の問題として。。)

心あたたまるお手紙で、やはりもらう側としても手書きっていいな、と思いました。

 コミュニケーション以外でも、最近の高音を強調しがちなオーディオも苦手で、
わざわざ古い機材を探したり、真空管アンプを買おうか、なんて考えも芽生えています。。

 
d0077992_23135294.jpg


d0077992_23144082.jpg


d0077992_23152539.jpg


 岩手県は野田村の、築100年以上の茅葺き屋根の家を宿にした旅館?民宿?では、
予約の方法は手紙だそうです。

 そして、このように、古い道具を大事に使っています。

古い、とはわかるものの、それがみすぼらしい、とは感じず、むしろ美しささえ感じられます。
床や壁に貼られた板も、囲炉裏の煙や長年の使用により、かなり味が出ています。

 機械生産ではなく、手仕事によるもの。少しくらいいびつな形でも、作り手の仕事の跡が
わかる。そういうものは、きっと長く使えば使うほど味が出てくると思います。

 ボクの目指す建築も、そうありたいと考えています。

出来た時が最高ではなく、時を重ねられ、その積み重ねによるくたびれ具合とか、
枯れ具合、って言うんでしょうか、そんな経年変化を楽しめる感覚です。
 
 このような考えは35を過ぎたあたりから芽生えてきました。
和食が好きになり、日本酒が好きになったのもちょうどこの頃。

あら、もしかして自分自身がくたびれて、枯れてきた、という事なんでしょうかね。。
 
 
by gda-314 | 2011-10-26 00:00 | Comments(0)

追加

 以前住宅のお引き渡しをしました滝沢村のOさんから追加工事をいただき、
早速工事開始です。

 最近の予想外な天候に備え、1階の窓2カ所に庇を取り付ける工事です。
合間に内部の写真を撮らせていただきました。

d0077992_2339111.jpg


 階段を挟んで右がプライベート、左がパブリックな空間。
格子でやわらかく仕切ります。

 階段のような1階と2階がつながる場所の窓を開けると、煙突効果で換気が
効率よく出来ます。こちらの家は今夏でもエアコンは殆ど使わなかったそうです。

d0077992_23404129.jpg

 
 寝室の天井、実は床と同じ素材です。無垢材だから出来る「遊び」です。
こちらの寝室は窓が全てアパートに面しているため、窓は最小限。

 プライバシーと、学生さんが多く住む地域柄、騒音対策のためにも、窓を
小さく、そして光は効率よく得られるよう上部に設置しています。

 その代わり、布団や洗濯物を干すスペースを別に設けています。

d0077992_23415768.jpg


 視界が抜ける東側に、大きな窓とデッキスペース。
「こんな景色が見えました」とお施主さんから携帯画像を見せていただくと、
雨上がりの青空にきれいな姫神山と虹。本当に見事な景色でした。

d0077992_2343690.jpg

 
 お施主さんの愛犬。
撫でろ、とちょっかい出してきて、撫でてあげるとお腹を見せてくれました。
どうやら犬には好かれるみたいです。。
by gda-314 | 2011-10-24 23:57 | 建築 | Comments(0)

公園にて

d0077992_22111771.jpg

 雨の予報だった日曜日。今にも降りそうな空だったのに、時折晴れ間も見えたりしたので、
県立美術館に隣接した公園に散歩に行ってきました。

 広大な芝生で自由に遊ばせる。
芝や小さな花や石までも遊び道具にしてしまう子供の発想力に驚き、同時に成長の早さを
改めて実感します。

 草や石を拾っては「パパのぉ」とか「ママのぉ」とか。
最近はおいしいと思ったおやつなどもボクに食べさせてくれます。

 独り占めではなく、分かち合う、という考えを身につけたようです。
こんな事は教えていないんですけどね。

 
d0077992_22121618.jpg

 あなたの成長が、今は何よりの励みです。
 
by gda-314 | 2011-10-23 22:25 | photo sketch | Comments(0)

観光案内

d0077992_9303684.jpg

 たくさんの観光客で賑わう八幡平。
季節的に車を降りてゆっくり散歩するのがオススメです。

d0077992_9354446.jpg

 森の大橋からの眺め。いつもは滝側を撮るけれど、こちら側も雄大な景色で好きです。


d0077992_9325637.jpg

 森の湯。産直も併設されています。お湯がいいのはもちろん、食事(ラーメン)が
なかなかおいしいと思います。


d0077992_9315173.jpg

 森の湯向かいにある足湯。散歩の休憩にはとても気持ちいいです。


d0077992_9335758.jpg

 ペンション通り。個性豊かなペンションが並んでいます。
一番手前のログハウスは、時々ご飯をごちそうになる弘前在住のご夫婦の別荘。

 やはり朝の散歩の時に話をしたのが縁で、それ以来お世話になっています。
奥様が横浜出身なので普段は標準語ですが、お酒が進むとご主人の津軽弁が炸裂。

 良く理解出来ない言葉を聞きながら、ご主人の実家である造り酒屋のお酒を飲むのが最高です。
でも「これでも加減している」という事です。。

d0077992_9374368.jpg

 県民の森を歩く。時々素晴らしい景色に出会う事があります。
朝夕の日の光がポイントです。


d0077992_939163.jpg

 初めての犬の散歩。予想通り、この後犬に引っ張られ転倒。。
でもリードは放しませんでした。なかなか根性あります。

 犬や子供が思い切り遊べるのも大自然ならでは。
残り少ない秋を、八幡平で楽しんでみてください。 
 いや、別に観光協会のまわし者ではありませんよ。。
by gda-314 | 2011-10-22 10:03 | 八幡平ライフ | Comments(0)

紅葉真盛り

 
d0077992_22324178.jpg



d0077992_22311417.jpg



d0077992_2234662.jpg



d0077992_2228841.jpg



d0077992_22262160.jpg

by gda-314 | 2011-10-20 22:43 | 八幡平ライフ | Comments(0)

秋の夜長は、インテリア

 以前載せた施工事例が携帯画像で見にくかったので、
再度デジカメで撮影したものを紹介します。
d0077992_9175067.jpg



 ニッチを黒く塗りました。いろいろな小物を飾り、眺める時、背後が黒だと
その飾るものの色が映えます。写真を飾る時の縁を黒にするのと同じ理屈ですね。

 大好きなモネの描いた蓮池の小さな絵、若手陶芸家の作品、旅行で求めた
青磁の一輪挿し、とっておきのお酒などを飾っています。


d0077992_9302496.jpg

 テレビの背面を落ち着いた色で塗装。全面ではなく一面だけでもおかしくなく、
むしろアクセントになって良いと思います。


d0077992_9314792.jpg

 別角度から。日の当たり方によっていろんな表情を見せてくれます。


d0077992_9325167.jpg

 キリムの模様。良く見ると可愛らしいです。この模様にはいろんな願いが込められている
そうです。家族の繁栄や子供の成長、飼っている動物の健康など。
 昔はこういった敷物を軽視している時期もありましたが、最近は大好きです。


d0077992_9334328.jpg

 ウェグナーの「エルボーチェア」と「Yチェア」
ゆっくりくつろぐにはYチェア、エルボーチェアは仕事にも向いています。


d0077992_935049.jpg

 インドのラグも、なかなか心地いいよ!
by 敷物に一日一回はスリスリする犬。
by gda-314 | 2011-10-17 09:55 | インテリア | Comments(0)

forrest紹介2

 
d0077992_93057100.jpg

 2階の和室は広めの10.5帖。
4.5帖分を小上がりにして畳を敷いています。テーブルでご飯を食べても、
ソファで寛いでも、やはり床に寝転がる快適さは捨てがたいです。


 
d0077992_9314620.jpg

 6帖分の広さにはフローリング。無垢のローズウッドを貼っています。
落ち着きがある色なので和室にはマッチします。でも埃は目立ちます。
 

d0077992_933760.jpg

 2階のホール床は構造用合板、いわゆるベニヤで仕上げています。
フローリングより安く、またこのように色を塗る事で安価な材料という
印象が消えます。アンティークファーという色を現場で調合しました。


d0077992_934097.jpg

 寝室の照明。天井を照らし、その反射で部屋を柔らかな光で照らします。
もっと明るさが欲しい時は照明を下向きにすれば対応出来ます。


d0077992_9342987.jpg

 空を見るための窓。
階段に設置することにより、1階2階両方に光がもたらされ、また上り下がりする時に
外を見ながら移動出来るのは、なかなか楽しいですよ。

  
by gda-314 | 2011-10-17 09:54 | 建築 | Comments(0)

記憶の中に

d0077992_11312582.jpg

 志を共にする建築家の友人の結婚式に参加させていただきました。
お二人の人柄が感じられる、とても暖かい結婚式でした。

d0077992_11444028.jpg

 歳のせいか、式から何度もウルウル。
二人それぞれが積み重ねてきた年月。記憶される思い出。
 その思い出の一部に自分も入っているのがとても嬉しく、光栄に思いました。

 なんとか二次会の幹事も務め、その後は新郎新婦と幹事たちで3次会。
この日一番おいしいビールをいただきました。
 朝からたくさん飲んだんですけどね。。

 改めて、おめでとうございます!
今後も家族ぐるみのおつきあい、そして勉強会を充実させていきましょう。
 
by gda-314 | 2011-10-16 13:05 | Comments(2)