<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

触れ合う

d0077992_23241934.jpg

 久しぶりに動物公園へ。
坂道がキツい動物園ですが、キリンさんに餌をあげたり、ウサギさんを抱っこしたり、
楽しんでいただけたと思います。
 ヤギと羊との触れ合いの際は、バッグに入れていた紙を食べられる、といったハプニングも…
ヤギって、ホントに紙を食べるんですね。
 
[PR]
by gda-314 | 2012-06-27 08:23 | Comments(0)

梅雨

 ついに梅雨に入りました。
この時期は気温が上がると不快指数も上昇しちゃいますね。
d0077992_2382357.jpg

 ミントがとても元気よく育っています。
虫にも強く、どんどん広がって行ってしまうので、適度に摘み、どうしようか考えて…
d0077992_2383067.jpg

 ミントの葉をグラスに入れて潰します。ガムシロを少々加え、あとはハイボールを
つくる要領で。やはりグラス、ウイスキー、ソーダはいずれも冷やして。
d0077992_2383743.jpg

 ハイボールが更にさわやかになります。
ジメジメしたこの時期にオススメな一品。

 最近仕事ネタがありませんが、ちゃんと仕事もしております。。
[PR]
by gda-314 | 2012-06-26 23:18 | 八幡平ライフ | Comments(0)

ミステリーツアー

 二日間のお休みが取れたので秋田県、青森県へ行ってきました。
今回のテーマは、以前から気になってはいたけど、なかなか行けなかった所に
行ってみよう、という事で旅程を立てました。
d0077992_2335221.jpg

 そんな訳で向かったのは秋田県大館市にある「ストーンサークル」。
ボクは元々歴史や地理が好きで、かなり前から気にはなっていた場所です。

 人はまばら。しかも、サークルの様子は上からではないと確認出来ず、ただ石が
並んでいる、といった感じです。
d0077992_234541.jpg

 

d0077992_2341553.jpg

 続いて十和田湖へ。天気のせいか、十和田湖も神秘的に見えます。
やはりこちらも人はまばら。


d0077992_2345739.jpg

 さらに進んで奥入瀬渓流へ。
紅葉の時期が非常に混雑しますが、ボクは今ぐらいの新緑の時期が好きです。
d0077992_2343060.jpg

d0077992_2344238.jpg

d0077992_2345042.jpg

 マイナスイオンたっぷりな散策。
d0077992_2351512.jpg

 途中にある休憩所の建物。屋根は苔が生え、渓流の緑がすぐそこまで迫って来ています。
自然と共生しているかのような建物。このような深い軒に覆われた建物って好きです。
 
 自然をありのまま受け入れ、寄り添ってきた日本は、やはり質素な機能美が際立ちます。
西洋は装飾文化が発展しました。この相違が、美意識の違いなのかもしれません。
d0077992_235417.jpg

 宿泊は、岡本太郎作の暖炉があるホテル。
この他にも岡本作品が建物内だけでなく庭にもあります。
 夕食時にいただいた「陸奥八仙」がとてもおいしかったです。

d0077992_236466.jpg

 最後は青森県新郷村の「キリストの墓」へ。
信憑性はともかく、こちらも長年気になっていた場所。
 墓自体はこんもりした盛り土でした。
今回はボクのわがままで行き先を決めさせてもらいました。
多分来年あたりからは「遊園地」「動物園」「水族館」とか言われると思いますから。。

 
[PR]
by gda-314 | 2012-06-20 23:48 | | Comments(0)

新緑眩しい八幡平

 あっという間に6月も半ば。
最近あまり更新しておりませんでした。お陰さまで忙しい日々を過ごしております。
 
d0077992_18345324.jpg

 時間が空いたとある日曜日、ドッグランに行きました。あまり走らずに他のワンちゃんの匂いをクンクン。

d0077992_1835018.jpg

 お友達が出来ました。人見知りならぬ犬見知りな我が家の愛犬。
相手がリードしてくれるとやっと遊ぶ、草食系なビーグルです。


d0077992_18352098.jpg

 こちらはN様との念願の七滝トレッキング。マイナスイオンが伝わるでしょうか。
N様、健脚ぶりは見事なもので、次回は八幡平周辺のトレッキングに行く予定をたてました。
 親子くらいの年の差ですが、本の話やご自身が若い頃のいろいろなお話を伺いながら、山道を歩きました。
 自分の父親には出来なかった、素直に聞くという事を、在りし日の父親と重ねながら
いろんなお話を伺って実践しています。帰りには沢木耕太郎の本を3冊お借りしました。

d0077992_18351230.jpg

 滝を撮影するN様。同じNikonのカメラをお使いです。
帰りは姫竹を採りながら帰りました。奥様のために笹薮を必死でかきわけていました。

d0077992_18354077.jpg

 マイナスイオンで潤う葉。梅雨入りも間近、といったところでしょうか。


 
[PR]
by gda-314 | 2012-06-16 20:51 | 八幡平ライフ | Comments(0)

d0077992_22262420.jpg

 薪割りでは様々な木を割ります。

最近は白樺、もみじ、楢などと格闘しています。

 写真左は白樺。かなり手強い相手でした。それでも割ると清々しい香りと共に少し甘い香りもします。

右は楢。同じく清々しい香りがしますが、渋みも感じられます。


 それにしても白樺や山桜の割りづらさは際立っています。

頑張って割っても、皮が最後まで抵抗します。さすが、樺細工で使われるだけはあります。


 薪割りを通じて、木を五感で感じ、見た目だけではない適材適所な使い方をご提案

出来れば、と考えています。

 
[PR]
by gda-314 | 2012-06-13 22:26 | Comments(0)