人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

残暑

 厳しい残暑が続きます。
この天気で、岩手山の9合目の湧水が枯れた、との情報も入っています。

 長い行程の登山では水を補給出来るのが有難いですが、それが出来ないみたいなので
登られる方はご注意いただきたいと思います。

 また、その湧水が枯れる年は大雪が降ると言われているそうです。
古くからの言い伝えみたいですが、殆ど当たっているそうですよ。。

d0077992_848403.jpg

 
 さて、そんな残暑厳しい状況なので、蚊やアブがまだまだ元気です。
ボクは匂いが好きなのでよく蚊取り線香を焚くのですが、最近は
菊花線香にはまっています。

 使い古しの南部鉄器の器に灰を入れ、直接載せています。
外で焚くと建物周囲に、なんとも言えない塩梅で香りが広がります。

 最近は様々な蚊除け製品がありますが、ボクは夏にはこの香りがないとダメみたいです。。 
by gda-314 | 2012-08-29 08:48 | インテリア | Comments(0)

古道具

d0077992_22435865.jpg

 このような文机で、正座をして姿勢を正して誰かに便箋と万年筆でお手紙を書く。
今はメールで即時に相手に届く時代ですが、たまにはそんな時間の余裕を持って、お手紙を
書くのも宜しいんじゃないでしょうか。

 あぐらでも足が痺れるボクが言うのも何なんですけどね。。
by gda-314 | 2012-08-28 07:43 | インテリア | Comments(0)

盛岡市愛宕町 アパート改修

 連日暑い日が続きます。
お盆過ぎれば朝晩の涼しさが増すかな、と思うのが例年ですが、今年は残暑が厳しいです。
最高気温が30度くらいだと「今日は幾分涼しくなりそうだな」と思ってしまうのが、
ちょっと変ですよね。。

 さて、ブログ更新もサボり気味でお知らせするのを忘れていましたが、盛岡市愛宕町の
アパートの改修工事を行っております。
d0077992_1127989.jpg


 主に水回りの改修で、お風呂の取り替え、湯沸器の新設、便器の取り替えなどが主な
工事です。あとは畳をフローリングに張り替えて終了。

 オーナー様がご高齢で、いつまで大家業を出来るか不安もお持ちだったため、改修の
内容は必要最低限に留めます。お客様の事情に合わせて工事内容を決めることも当社に
とっては大事な仕事。

 
d0077992_1126401.jpg

 フローリングに張り替えられた部屋。ボクは個人的には畳敷きの方が好みですが、
需要に合わせて張り替えました。アパートですが広縁があり、かなりボクのツボに入る部屋です。
d0077992_11265634.jpg

 お風呂も大きくしました。追い焚き機能もつきます。
当社大工さんの足が写っていますが、作業の手を止めるわけにはいかないので、そのまま撮りました。
d0077992_1127378.jpg

 トイレも床を張り替え、新しい便器がつきます。

 ちょっとだけ周辺を散歩。
この辺りは中津川が近く、古い建物も多い割に市街地から近いという事もあり住み易い環境。
d0077992_11271525.jpg

 このような町家の万屋さんがあったり
d0077992_11272173.jpg

 このような酒屋さんがあったりします。

 ボクの実家も近くにお寺がたくさんあり、湧き水があったり町家が現役で使われていたりと
下町情緒あふれる場所ですが、この界隈もそんな懐かしい雰囲気を持った場所です。

 そんな訳で只今入居者様絶賛募集中です。
大家さんは当社社長の親戚なので、当社までお問い合わせいただいても対応させていただきます。
by gda-314 | 2012-08-27 11:48 | 建築 | Comments(0)

つながり

d0077992_11532623.jpg

 お世話になった陶芸家の先生のお宅がある宇都宮へ。
ご自宅に行くと、いつもと変わらぬ落ち着いた雰囲気の奥様が出迎えてくれました。
八幡平の窯で土を捏ねて、作務衣が土まみれのまま無邪気な笑顔の先生の遺影。

 手を合わせ、奥様にありがとうの声をかけられると、自然と涙がこぼれてしまいました。
遺言により、葬式はせず、近しい人たちだけには連絡したとの事。戒名も不要と、先生らしい
潔い旅立ちです。
 
 遺作を作りたいと意気込んでいた矢先。それでも最期はとても良いお顔だったそうです。
「そうそう、あなたにもまだ形見として渡すのを本人が生前選んでいたから、取りに来てね」
と、奥様から言われた時には、年甲斐も無く顔をクシャクシャにして泣いてしまいました。

 帰りは益子焼の先生に駅まで送ってもらいました。
 「あと10年は頑張ってほしかった」という、何代も続く益子焼の先生の言葉で、改めて先生の
偉大さを思い知らされました。


d0077992_11532632.jpg

 そんな気分が落ち込んでいる中、志を共にする建築家の友人のお宅にお招きいただきました。
奥さんのいつもながらのおいしい料理と1歳になったお子さんの人懐っこい姿に、ワインがかなり
進んじゃいました。。

 こんな時だったからこそ、友人のお誘いがとても嬉しく、また気分的にもだいぶ癒されました。
本当に感謝しています。

 また、陶芸家の先生の奥様とは9月にお会いする事を約束しました。先生亡き今、奥様にはこちらに
いらした際には出来るだけお力になりたいと思います。

 このようなつながりを、これからも大事にしていきたいと改めて感じる事が出来ました。
by gda-314 | 2012-08-26 21:53 | Comments(0)

始まります!

d0077992_16492588.jpg
 
 盛岡市の南、矢巾町で新築住宅がいよいよ始まります。
公私ともに、また家族ぐるみで良くしていただいていますN様。

 完成した際には、ちょっと面白い感じの催しも交えてお披露目したいと思います。
d0077992_1656124.jpg

by gda-314 | 2012-08-20 16:56 | 建築 | Comments(0)

d0077992_2142470.jpg

 師のように尊敬し、父のように慕っていた陶芸家の先生の奥様からの電話。
きっと八幡平の別荘に来たから遊びにおいで、という電話かな、と思って携帯をとりました。

 ボクのような人間にも、日本を代表する会社の社長にも、分け隔てなく接してくれた、
とても懐が深く優しい先生。奥様の淹れてくれたおいしいお茶と和菓子をいただきながら、文化芸術の
お話や旅のお話をしてくれるのがとても楽しくて、今年も八幡平にいらっしゃるのを心待ちにしていました。

 表層だけこだわった建築や、ぱっと見のインパクトだけの建築をつくらない、また建築は
それ単体だけで完成させられるものではない、と改めて気づかせてくれた先生。

 体調が良くなったらおいしい食事とおいしいお酒を飲もう、と約束していました。
こんな事なら去年の年末に無理してでも遊びに行けば良かったと、今更ながら悔やまれます。
 たくさんいただいた茶碗や壷は、今思えば形見分けだったのかもしれません。

 小松先生、お疲れさまでした。
来週、必ず会いに行きます。

 
by gda-314 | 2012-08-18 21:41 | Comments(2)

お盆休み

 本日より住宅事業部は仕事を始めております。
工務部は20日からの営業ですのでよろしくお願いいたします。

 今年のお盆休みはムスメの体調も良かったので、「海」と称して田沢湖に行ってきました。
d0077992_21241453.jpg

 たくさんの人でにぎわい、子供たちがたくさん泳いでいました。
うちのムスメは行きの車の中では意気揚々としていたものの、いざ着くととたんに尻込み。。

 それでも友人からいただいた水着を着せ、とりあえず水に慣れさせるところから始めました。
d0077992_21244181.jpg

 夕方まで遊んで、その日は田沢湖高原温泉のホテルに1泊。
露天風呂に入りながら田沢湖を望める、とてもアットホームな宿でした。
d0077992_2126346.jpg

 次の日は田沢湖から八幡平へ。途中にある湧き水は久しぶり。
ここの湧き水はとても甘いです。佐竹の殿様もここのお水でお茶を楽しんだらしいですよ。
d0077992_2127098.jpg

 秋田八幡平の大沼。
ここから見えるところで連日熊が目撃されているらしいです。。

 さて、久しぶりにまとまった休みをいただいたので、あとは年末まで突っ走ります!
by gda-314 | 2012-08-17 21:41 | | Comments(0)

第2回トレッキング

d0077992_20441244.jpg

 平日休みが取れたので、同じ趣味(読書、登山、写真)を持つお施主様と
八幡平トレッキングに行ってきました。

 朝の別荘地はどんよりして、少し肌寒かったものの八幡平の見返り峠に向けて高度を上げると
雲を抜けたためとてもいい天気でした。

d0077992_20442155.jpg

 あちらこちらに咲くニッコウキスゲ。
d0077992_20443243.jpg

 八幡平山頂
d0077992_2045425.jpg

 あちらこちらに水を蓄える湿原
d0077992_20452737.jpg

d0077992_20455227.jpg

 源太森からの眺め

 その後はお施主様の別荘にてバーベキュー。
山もとても暑くて日に焼け、疲労感いっぱい。たくさんのお肉とビールで生き返りました。
by gda-314 | 2012-08-03 20:59 | Comments(0)