<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 だいぶ秋らしい気候になってきました。
読書の秋、芸術の秋など、秋はいろんな事を行うのにとても良い季節です。

 そんな中、来るべき冬に備えて自宅の模様替えを行いました。
とは言ってもあくまでローコストに、気軽に出来る模様替えで印象を変える方法を考え、
様々な布製品を購入しました。
d0077992_14311057.jpg

 テーブルランナーを秋冬らしい色に。
タイのものです。ウォールナットのテーブルと合い、黒いガラス天板に映えます。

d0077992_14312212.jpg

 こちらもタイのテーブルランナー。サイドボードの上に物を飾る時、こういった
布を敷くだけで印象がガラリと変わります。

d0077992_14311684.jpg

 白いソファにはカーキーの布を。こちらはインドのもの。
キリムとの相性も良いです。

 このような敷物だけでも部屋の印象がだいぶ変わります。
寒い冬、設えの色で暖かさを感じるって、結構幸せな気分になります。
 体感温度は変わらないとは思いますけどね。。
秋の夜長、ちょっとした模様替えをしてみてはいかがでしょうか。
[PR]
by gda-314 | 2012-09-29 14:41 | インテリア | Comments(0)

トータルで考える

 
d0077992_17361414.jpg


 お客様と床材の選定をしました。
カタログの中から候補をいくつか選び、サンプルを取り寄せて更に候補を絞っていきます。

 色ももちろん大事ですが、フローリングの幅でも印象は大きく変わります。
2つに絞られた候補は、ボクも良いなと思ったものでした。あとは経年変化でどのように
色が変わるかが決め手、といったところでしょうか。

 床材は壁や天井に比べて模様替えが大変なので、じっくり選んでいただいています。
家具や敷物など、後から置くものも思い浮かべながら。

 
[PR]
by gda-314 | 2012-09-25 17:48 | 建築 | Comments(0)

美しいもの

d0077992_13461299.jpg

 仕事の合間に立ち寄った本屋さんで出合った本。

物を選ぶ時の基準は人それぞれだと思いますが、その「もの」のもつ雰囲気や

そのように形作られた過程、作り手の思いなどがわかると、その「もの」を大事にし、

愛着を持って永く使いこなす、そんな生活スタイルが形成されるのかな、と思います。

d0077992_1346731.jpg

 N様邸の基礎の型枠がはずれました。職人さんが丁寧に型枠を組み、丁寧にコンクリートを流し、

養生期間をしっかり取ると、表面はガラスのように光ります。

 これは強度がしっかりと発現し、成分中のケイ酸質が生成された証拠。

建て主さんに愛着を持っていただけるよう、半分以上は土に埋まるこのような場所にも、

作り手の思いがしっかり残るようにしています。
[PR]
by gda-314 | 2012-09-24 15:20 | | Comments(0)

モッコ岳

 
d0077992_21542545.jpg

 八幡平の紅葉の様子を確認するため、モッコ岳に登ってきました。
快晴の八幡平レストハウス周辺の空気はすっかり秋でした。
d0077992_21545425.jpg

 駐車場から10分ほどでモッコ岳登山口、イコール裏岩手縦走コースのスタート地点。
ここから見ると頂上ははるか遠くに感じます。
d0077992_21553126.jpg

 裏岩手縦走コース

 それでも20分少しで頂上到着。
頂上からの眺め
d0077992_21562217.jpg

d0077992_21571787.jpg

d0077992_21574720.jpg

d0077992_2159432.jpg


 紅葉はまだまだ先のようです。
一番早い三ツ石山方面は雲で見えなかったため確認出来ませんでしたが、
この気候なので例年より遅いかもしれませんね。
d0077992_2201366.jpg

d0077992_2205135.jpg

d0077992_21593117.jpg

 雲も秋の形です。
[PR]
by gda-314 | 2012-09-19 12:00 | 八幡平ライフ | Comments(0)

形見

9月の三連休は月曜日にお休みをいただきました。

日曜日は敬愛する陶芸家の先生の奥様が別荘兼窯にいらしていて、ご挨拶に伺いました。

仕事場や作品、大きな家具などの整理をお手伝いしました。

というのもこちらの別荘、陶芸好きな方に売却する事をお決めになられたため、

引っ越しのお手伝いをさせていただいたわけです。
d0077992_21122454.jpg

 屋根の雁行がとても魅力的な意匠をつくりだしています。

やはり日本の家は屋根がデザインの重要な要素だと思います。
d0077992_21122960.jpg

 先生の窯の名前。
d0077992_21124425.jpg

d0077992_21125044.jpg

 苔や庭の落ち葉までも芸術性を感じます。
d0077992_21125695.jpg

 お金では買えないようなコレクションの数々。
d0077992_2113282.jpg

 窓は「大きさ」ではなく、「奇抜さ」でもなく、そこにある意味を持たせる事、を

具現化した家です。

お手伝いを終え、先生の作品やコレクションをたくさんいただきました。

以前にもたくさんいただいたので、とても恐縮してしまいましたが、先生が生前、

ボクにも形見としてあげるよう奥様にお話していたそうで、有り難く頂戴しました。

早速ギャラリーに飾った、その一部です。
d0077992_21135651.jpg

d0077992_2114613.jpg

d0077992_2114183.jpg


 
 
[PR]
by gda-314 | 2012-09-18 21:47 | Comments(3)

d0077992_13152456.jpg

 買ったままの木材は表面がザラザラしています。
造作材として使えるようにするため、表面を削ると、なんとも良い香りが漂います。
 自社大工さんがいる特権ですね。
d0077992_13152517.jpg

 新たに仕入れた味のある木材も加工待ち。
ボク的には、このまま使いたいくらい、良い感じの表情です。
[PR]
by gda-314 | 2012-09-15 18:15 | 建築 | Comments(0)

避暑

 9月も半ばだというのに暑い日が続きます。
現場にいると瞬く間に腕や顔が焼け、水分を補給しないとフラフラ。。
 作業されている方々も本当にお疲れ様です。

 ラジオの天気情報を聞くと、「今日の最高気温は例年より8度高い33度。。」
なんていうのを聞いて、改めて暑さを感じてしまいます。
d0077992_10402498.jpg

 先日、仕上げについて打合せするため、お客様が仮住まいしている八幡平に行ってきました。
雲が多かったせいもあるかと思いますが、高原の空気はやはり違います。

 夕方になると少しひんやり感じるくらいの心地良さ。。
そろそろ三ツ石山の紅葉も始まる時期。暇を見つけて登ってきます。
 それにしても、八幡平の気候は避暑にピッタリです。

 PS N様、旅行のお土産ありがとうございます。
   ムスメがとても気に入りましたよ!

 
[PR]
by gda-314 | 2012-09-15 10:55 | 八幡平ライフ | Comments(0)

脳の栄養

d0077992_1818443.jpg


 最近読んだ本
「無名」 沢木耕太郎
「サービスの達人たち」 野地 秩嘉

 「無名」は、現在住宅を工事中のN様よりいただいた本。
自身の父親の最期について書かれた本です。父と息子の関係って、結構難しいものがありますが
父親が亡くなって、初めて気づいた何とも言えない心細さだけは覚えています。
 そんな時の心情と重ねて読ませていただきました。

 「サービスの達人たち」は、普段はあまりクローズアップされない職業の方々の仕事に対する
向き合い方を取材したものです。そんな方々にもドラマがあり、そして自分の仕事をやり遂げる、
という共通点が見られます。

 どちらの作者もルポやノンフィクションの分野で活躍されている方なので、非常に読み易い本です。
[PR]
by gda-314 | 2012-09-11 08:18 | | Comments(0)

盛岡市 よ市

d0077992_186291.jpg

 先週末、仕事を早めに切り上げ、土曜日開催の「よ市」へ。
愛犬の散歩を済ませ、喉カラカラで、しかもムスメが歩きたがらずにずっと抱っこ
していたので、即座にビール(大)を購入しての冷やかしでした。

 たくさんの買い物客で溢れ帰っていた「よ市」。ボクもお買い得な野菜や、
昔足しげく通っていたバーのマスターのつくる薫製、大好きな和菓子屋さんで
みたらし団子などを購入。

 その後は駅前の焼肉屋さんで夕食と、気分はすっかり観光客。
電車を見るのも乗るのも大好きなムスメにもご満足いただけたと思います。

 近場でも十分、旅気分を味わいました。
d0077992_1863629.jpg


 

 
[PR]
by gda-314 | 2012-09-10 18:15 | Comments(0)

N様邸

 いよいよ始まりましたN様邸。まずは地盤改良からスタートです。
矢巾町は地盤の緩い場所が多く、地震時の揺れ方も盛岡より強くなるそうです。

 以前の住宅の状況を確認し、近隣の方からのヒヤリングを行い、更に地盤調査の結果を
踏まえ、地盤改良を行う事となりました。

 今回選定したのは砕石で杭を造る工法です。
普通の石を使う事により、産業廃棄物が発生せず、また周辺にも迷惑がかからず、
Co2排出もかなり減らせます。
d0077992_17541935.jpg

 掘削をすると、柔らかい粘土が出てきます。
更に掘り進めると同じ粘土でも、かなり締まった粘土に変わります。これらの結果は機械
でも出ますが、ボクはついつい石や鉄筋で押して、自分で土の硬さを確認します。

 
d0077992_1814538.jpg

 1日で約半分終わりました。
地盤改良が終了し、所定の強さを試験で確認した後、いよいよ基礎工事が始まります。
[PR]
by gda-314 | 2012-09-06 18:18 | 建築 | Comments(0)