<   2013年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

男子会

d0077992_1111492.jpg

 雨降りだった昨日、日没前の夕焼けがとてもきれいでした。
この日は飲み会。尊敬し、ボク好みの意匠設計をする会社、
2社それぞれの息子さんと構造設計をされている先輩と4人でした。

d0077992_11115084.jpg

 平均年齢42.7歳。和食屋さんだったので、ビールの後は日本酒。
獺祭、諏訪泉、そして浦霞といただきました。

 仕事の話からプライベートな事まで、話題は尽きず。
久しぶりだったこともあり、気づけば終電ギリギリ。
平日にムリせず終電で帰るようになった事からも、
歳を感じる今日この頃です。。
[PR]
by gda-314 | 2013-05-31 12:54 | Comments(2)

障子

d0077992_12295663.jpg

 先日親孝行の旅で宿泊した宿で見た、障子の太鼓貼り。

障子自体最近の住宅では見かけませんが、ボクは障子が大好きです。

軽い素材でありながら断熱性もあり、光や視線を調整するのにとても優れています。

掃き出し窓には無理でも、小さめの窓にいつか取り付けたいと考えています。

d0077992_12295868.jpg

 その宿でいただいた、ウェルカムドリンクをガブ飲みするムスメ。

グラスを鷲掴み。。

その飲みっぷり、一体誰に似たのでしょうか。。
[PR]
by gda-314 | 2013-05-29 12:21 | 建築 | Comments(0)

春の恵み

 山菜好きな大工さんとのお話の中で、県北部に採りに
行ったらちょうど良かった、という話を伺ったので、
慌ててボクもいつも採る場所の様子を見に行きました。
d0077992_872133.jpg

 可愛い花が出迎えてくれました。
d0077992_873388.jpg

 登山の際の階段って、とても厳しいです。。
d0077992_88316.jpg

 登って行くと、残雪があちらこちらに。
雪解け水が流れとなっています。今しか見られない光景。
d0077992_881333.jpg

 花がきれいに咲いている一方、
d0077992_89084.jpg

 一面雪景色になりました。
d0077992_89966.jpg

d0077992_891878.jpg

 登山靴ではいよいよ厳しくなり、ここで断念。
下りながら、お目当ての山菜を探します。
d0077992_892955.jpg

 ありました!
山菜の女王と言われる、コシアブラです。
中腹はまだまだでしたが、麓近くでは今が良い時期でした。

 早速天ぷらと、炊きたてのご飯に和えていただきました。
春の恵みに、感謝です。
[PR]
by gda-314 | 2013-05-27 08:21 | Comments(0)

手仕事

 良いお天気が続いております。
今日はあちこちの小中学校で運動会が開催されていました。
 暑すぎず、丁度良い気候で何よりでした。

 ここ最近お天気にも恵まれ、N様邸も順調に進んでおります。
d0077992_2194755.jpg

 お風呂には、スピーカーを設置しました。
音楽好きなN様。音楽を聴きながらのバスタイムをご提案しました。
d0077992_2195896.jpg

 お風呂に大きめの窓。坪庭に面しています。格子でプライバシーを確保しつつ、
窓を開けて庭を見ながらリラックスしていただきたく、プランニングしました。

d0077992_2110611.jpg

 鉋で造作を仕上げている大工さん。
いつも機敏、かつ丁寧な仕事をしてくれます。
d0077992_21101525.jpg

 その造作を塗っている、塗装屋さん。
若いですが、とても真面目に仕事をしてくれます。

 いつもながら職人さんの仕事には惚れ惚れします。
既製品ばかり使うと、切って貼ってといった単純な作業が大半ですが、
ボクはこのような職人さんの仕事が大好きなので、出来る限り既製品は
使わないようにしています。
 気のせいかもしれませんが、職人さんも楽しそうに仕事して
くれているように感じます。
d0077992_211026100.jpg

d0077992_21103531.jpg

 何より、手触りが違います。


 
[PR]
by gda-314 | 2013-05-25 22:53 | 建築 | Comments(0)

おかげさま

d0077992_21425973.jpg

 Y先生の家の改修工事も順調に進んでいます。
家の前にはこんなに大きな木が。夏は良いブラインドとなり、
冬は葉が落ちて家の中に日が射します。

d0077992_21431167.jpg

 窓を断熱性のあるものに交換。
まるでピクチャーウィンドみたいですね。
西側なので西日も和らげてくれる事と思います。

d0077992_21433643.jpg

 N様邸は内部の造作が進んでいます。
お若いご夫婦ですが、小上がりに掘り炬燵をご希望されました。
足を伸ばして腰が痛くならないように高さを設定。
 出来た段差を利用して、座布団なども収納出来るスペースを
これから設えます。

 たくさんの職人さんに支えられ、どちらの現場も
順調に進んでいます。
 
[PR]
by gda-314 | 2013-05-23 08:14 | 建築 | Comments(0)

使用感

d0077992_21203665.jpg

 骨董屋さんで見つけたブリキの筒。

蓋の真ん中には穴があいていて、何に使うかは

わかりませんでしたが、その存在感に迷わず購入。
 
 隣の茶碗は陶器に漆を塗った、ちょっと珍しいもの。

陶芸家の先生の奥様からいただきました。

きっと濃い茶の色が映えると思います。
d0077992_21204371.jpg

 こちらはきっと炭壷。

この使用感がたまらず、やはり存在感にやられて購入。

 絨毯やギャッベに興味をもってから、調度品の

興味はインドあたりから西アジアの範囲のものへ移行していきました。

 観賞用としてデコレートされた西洋のものより、日常生活に密着してきた

「もの」の放つ使用感に、今は心奪われています。
[PR]
by gda-314 | 2013-05-22 08:32 | インテリア | Comments(0)

納まり2

d0077992_2305140.jpg

 佳境に入ったN様邸。
様々な業者さんが忙しく、それでいて丁寧な仕事をしていただいています。

 図面は割とたくさん書く方だと思います
(しかも1/5や1/10といった詳細レベルで)が、
実際現場が進んで行くと様々な納まりに関する検討事項が出てきます。

 この日は大工さんと打合せしながら、積まれていた
石膏ボードにディテールを書きました。原寸以上の大きさで
書き、大工さんにうまく伝わりました。

 スマホやタブレットを持っていても、鉛筆に紙で
伝えた方が早くて確実、と思うボクは、やはり昭和アナログ人間、
という事なんでしょう。。
[PR]
by gda-314 | 2013-05-21 08:00 | 建築 | Comments(0)

毎年恒例

 先週末は土日にお休みをいただき、
毎年恒例の農業研究センターの菜の花畑の一般公開を見に行きました。
d0077992_21585932.jpg

 汗ばむ陽気に、家族連れやカップルなど、たくさんのお客さんが
みえていました。桜が思わしくなかった今年ですが、菜の花はとてもきれいに
咲いていました。


 その後はやはり毎年恒例、年に一度の親孝行で母親の誕生日を
祝いに、近場の温泉へ。
d0077992_2159199.jpg

d0077992_21593160.jpg


 70半ばの母親ですが、未だに朝夕の散歩を欠かさず、元気そのもの。
孫ともたくさん触れ合い、気持ちも若返った感じでした。

d0077992_21595497.jpg

 翌日は高村山荘へ。
彫刻家であり詩人でもあった光太郎は7年間、岩手に滞在。
その間住まいとしていた住居が高村山荘です。

 あまりの質素なつくり、そして狭さに驚きました。
でも、そこには物欲では決して満たされない研ぎすまされた
精神世界が宿っているように見えました。
 
 物欲だらけの自分には、良い戒めになりました。。

 
 

More
[PR]
by gda-314 | 2013-05-20 08:30 | Comments(0)

恵みの雨

d0077992_12472771.jpg

 仕事が終わり、会社に戻ると道路が濡れていました。
盛岡では降らなかったですが、滝沢は降ったようです。

 愛犬の散歩途中、あまりに木々の緑がきれいだったのでパチリ。
木々にとってもこの雨は嬉しかったのか、なんだかとても喜んでいるように見えましたよ。
寝不足とパソコンに疲労困憊のボクの目にも、とても癒しになりました。
[PR]
by gda-314 | 2013-05-17 12:42 | Comments(0)

Y先生の家改修工事

 個人医院を営まれている院長先生の
ご自宅の改修工事が始まりました。

 GW前からお話をいただき、打合せも迅速に進み
いよいよスタートしました。
d0077992_22285.jpg

 玄関から吹き抜けの、素敵なご自宅です。
d0077992_2215783.jpg

 経年変化で素敵な風合いになった家具があちらこちらに。
デザイナーモノの輸入家具でも、今のは突き板のものが殆ど。
 無垢材で作られた国産の箪笥の方が味わいが深まります。

 ボクにとってたくさんの魅力的な家具家財の中で、
もう使わなくなったエレクトーンをボクのムスメにと
譲っていただきました。
 
 世代をまたいで受け継がれるもの。
そういうモノは時の積み重ねを味わいに変換出来るものが良いですね。


 
[PR]
by gda-314 | 2013-05-15 22:22 | 建築 | Comments(0)