<   2014年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

駆け込みと、芸術の春

d0077992_20523549.jpg

年度末最終日に、重い名残り雪が降りました。我が家の愛犬はとても嬉しそうに、朝の散歩で

雪の上をさっそうと歩いていました。


駆け込み需要で品不足、または宅配が間に合わないといった話題がニュースになっています。

我が家では妻の車の夏タイヤとレイコップを購入しました。タイヤは9年目でいよいよ溝が無くなり、

当初から買う予定だったものを3月に前倒しで購入しました。レイコップは共働きのため、

なかなか布団を干す時間が無く、今までは布団乾燥機を使っていましたが、ホコリを吸い取り

除菌も出来るという機能が気に入って購入しました。あとは、日本酒です。。


そんな慌ただしい年度末、みたけのSABOさんへランチと企画展を見に行ってきました。
d0077992_20524469.jpg

テーマは「包む」。モノクロの写真、花、糸。一見関連性のないこれらの要素が、「包む」という

内面的なテーマによって、見事に融合した作品たち。
d0077992_205331.jpg

モノクロの叙情的な写真を、花と糸が彩り、無機質な平面が立体を帯びて、生々しさが

表現されています。うまく言えませんが、綺麗さより、生々しさを感じました。
d0077992_20531294.jpg

典典さんの編んだ布を購入させていただきました。絨毯もそうですが、作り手が図案もなく

インスピレーションのまま手を動かして出来た作品で良いな、と思うとついつい見入ってしまいます。

向こうから語りかけてくれるような、そんな感覚です。これは左官や塗装にも共通します。

d0077992_20533156.jpg

続いては「愛宕下」さんへ。

お世話になっています「Mi's」さんの1周年記念の絨毯展へお邪魔してきました。
d0077992_20532278.jpg

ボクの大好きなモスク柄の絨毯。見る位置、光の具合によって実に様々な表情を見せてくれます。
d0077992_20534158.jpg

一番のお気に入りはこちらの絨毯。一見黒と茶のシンプルな見た目でしたが、やはりこちらも

とても豊かな表情を様々な角度から見せてくれました。

今回は輸入元のイランの方もいらして、編む実演も見せていただきました。その作業を見て、

製作にかかる時間を聞くと、価格設定も納得します。


そして最後は甥の高校合格祝いを届けに兄の家へ。

受験前に希望を聞くと、腕時計と言われていたので、奮発して購入しました。

お姉ちゃんの合格祝いの際も、プレゼントは時計。あれから2年。本当にあっという間です。
d0077992_20534851.jpg

オーディオマニアの兄に、余っている機材を聞いたところ、いただいたのがこちら。
d0077992_20535521.jpg

JBLの38cmウーファー2220Bを譲ってもらいました。思わぬ名器にビックリ。

いよいよネットワークスピーカーへ足を踏み入れてしまいそうです。。

そんなわけでボクの年度末は、「駆け込み」より「芸術の春」といった様相になりました。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-31 21:44 | インテリア | Comments(0)

スピードと、慎重さと

d0077992_8235391.jpg


土を運ぶためのコンベアと重機。

沿岸南部の町では、その被害の甚大さから、市街地のかさ上げが行われています。


春特有の埃っぽさに加え、トラックが多数行き交い土を運んでいるためか、とても

空気が汚れているように感じました。

復興のスピードは急いでいただきたいのは勿論ですが、そこに住んでいる方の健康や、

交通事故の対策など、配慮を施さなければいけないなと感じました。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-27 08:31 | Comments(0)

大雪のち、春

沿岸に行った日、盛岡は水分の多い雪で、積もりそうではない雪かな、という印象でした。

目的地に着いて打合せをし、時折外を見ると本格的な降雪。

沿岸特有の「春のドカ雪」ってやつかな、と、この時は気楽でした。


打合せではお久しぶりなお客樣方から元気とお土産とおもてなしをいただき、

いつもこちらが恐縮してしまう、毎度のパターン。。本当にありがとうございます。


次の日、外を眺めると、車が雪ですっかり覆われ、道路にもかなりの雪。

帰りは海産物を買って帰ろうとしたものの、重い雪かきで開店がままならないお店が殆ど。

宿のオーナーからも道路状況を心配していただき、早々に帰路につきました。
d0077992_22272313.jpg

水墨画のような景色の106号をしばらく進むと、突然の渋滞。頭に浮かんだのは、

ニュースで見たことのある先頭の車の立ち往生による大渋滞。

ガソリンはまだ半分以上ある、ブランケットとツェルトも積んである、食料は…

そうだ、昨日お土産でいただいた日本酒と自家製イカの塩辛がある。1泊くらいなら何とか

なるかな、その時は日本酒とイカの塩辛で、近くの車の人と宴会かな。車で泊まって飲むなんて

若い頃の弾丸キャンプ以来だな。などと考えているうちに1時間弱で渋滞は解消されました。

d0077992_22284277.jpg

週末は八幡平へ。こちらもかなりの積雪で、やはり重い雪。スキー場は良いコンディションを

保っていますが、雪を寄せる場所がなくなるくらい積もっています。

我が家の愛犬も、庭遊びの際にはズボズボと足を取られる雪に四苦八苦していました。

そして今週からの暖かさ。。一気に雪解けが進みそうですね。

それにしても、あれだけの大雪から、いきなりの春の陽気。

季節の移り変わりが感じられないのは、風情も感じられず、身体にも厳しいです。

廻りには体調を崩されている方も多いです。季節の変わり目、そして年度末の繁忙期、

何かと気忙しいこの季節、どうぞご自愛ください。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-24 23:21 | photo sketch | Comments(0)

沿岸へ

d0077992_2225383.jpg

本日から1泊2日で沿岸に出張してきます。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-20 07:25 | Comments(0)

うつわ

日常生活の「食」に使われる器。

陶芸家の故小松先生との出会いで、器に一気に開眼しました。
d0077992_2321971.jpg

時々購入する「美術手帖」は陶芸がテーマ。

今の感覚では、磁器より陶器の方が好みです。土そのものの質感が感じられ、

その表情、触れた感触、そして何より歴史が古い事が、陶器を好む理由です。
d0077992_23212172.jpg

磁器にも素敵なものがたくさんあります。中でもボクは白磁が好きで、韓国に行った際

湯呑みや一輪挿しなどを購入したものです。

扱い易さの面からも、磁器の方が普段使いには適しているかもしれません。

今は、陶器にありがちな「欠け」も、使い馴染んだしるしとして愛着が持てます。

お気に入りの器を、その日のメニューによって選び、食卓に並べる。

そういう事も、日常を楽しく彩ってくれると思います。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-18 08:20 | | Comments(0)

Isamu Noguchi

八幡平ギャラリーにはイサムノグチの照明が3つあります。

彫刻家、造園家など、様々な分野で活躍されたイサムノグチは、魯山人とも親交が

あり、陶芸(素焼き)にも没頭し、日本文化に精通した人物。
d0077992_8363647.jpg

デザインした照明は「AKARI」という名前で様々なデザインのものがありますが、

共通しているのは和紙を利用しているところ、そして、表情がとても柔らかいと

いったところでしょうか。夕方に点けると、チークのフローリングを素敵に照らしてくれます。

d0077992_83644100.jpg

階段の吹き抜けに吊るしている照明は丸みは無いものの、独特の造形美があります。

階段とつながる吹き抜けに吊るすことにより、1階と2階を同時に照らしてくれます。
d0077992_8365216.jpg

和室には少し変わった形の照明。左右対称ではない丸みから柔らかに注ぐ灯りで

黒檀フローリングの綺麗な赤味を演出してくれます。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-17 08:50 | インテリア | Comments(0)

出張&レッスン

おひさしぶりの更新です。

先週はずっと出張でした。今週は沿岸に出張予定です。

2月から仕事とプライベートでのほぼ毎週ホテル滞在が影響してか、1ヶ月ほど風邪が抜けず、

とうとう病院で点滴を受けてきました。

ついでにインフルエンザの検査も受け、結果は陰性。現在はほぼ完治です。



d0077992_1483069.jpg

出張前日はひな祭り。おばあちゃんがムスメにと、ケーキのプレゼント。

最近は食べるより眺める方が楽しいようで、何度もロウソクに火を点けては吹き消す、という

遊びに、大人は「待て」状態。。

ちなみに、おひな様は未だに飾っております。。



出張が終わるとそのまま八幡平へ。久しぶりのスキー&お師匠さんのレッスンを受けてきました。
d0077992_1474023.jpg

なかなかな猛吹雪の中、スキー場に登山届を出し、コース脇のオフピステも滑ってきました。
d0077992_1474884.jpg

先頭を滑るお師匠さん。林の中でも膝上までの積雪。滑るのもラッセルもかなり疲れました。
d0077992_1472573.jpg

お師匠さんのブログから拝借しました。ゲレンデのように自由がきかない状況での滑り。山での滑りの上達を目指すボクとしては、

理想のコンディション。

この日はレンタルで「ステップソール」という板で滑りました。滑走面にウロコ状の加工がしてあるので、

普通の板とは全然違います。基本、滑りません。。リフトから降りる時なんて、とっても焦りました。。

慣れない板と膝上までの雪。まだまだ練習が足りません。山スキーは奥深いです。


d0077992_147321.jpg

翌日は打って変わって快晴。朝起きた瞬間から「今日もスキーしたい!」衝動に駆られましたが、

事務仕事があるため泣く泣く帰宅。

三寒四温な気候になってきましたが、まだまだスキーは楽しめます。

ゲレンデは3月いっぱいでクローズされますが、今年は八幡平の山でいつもより長く雪と

戯れたいと思います。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-10 14:56 | photo sketch | Comments(0)

早起きのご褒美

d0077992_13335030.jpg

出張先の宿から。朝起きてカーテンを開けると、素晴らしい朝日が拝めました。

遮るものは何も無し。しばらく見とれていました。
[PR]
by gda-314 | 2014-03-02 18:33 | | Comments(0)