<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大暑

先日は24節気の1つ「大暑」。梅雨明けしていないものの、厳しい暑さが続きます。

先週は無性にお蕎麦が食べたくなり、秋田県へドライブしてきました。
d0077992_18221139.jpg

席から清流が眺められます。こちらでいただくお水は湧き水。とても冷たく、

少し甘みも感じられる、とてもおいしいお水です。
d0077992_18254971.jpg

そのお水で仕込まれたお蕎麦。つゆは若干甘めですが、蕎麦湯でいただくと丁度良いです。

じゃじゃ麺を食べてもチータンで締めないと満足度が半減するように、ボクは蕎麦湯を

必ずいただきます。いつも「蕎麦湯はおかわり出来ないものなのかな」と考えるくらい蕎麦湯好きです。
d0077992_18212572.jpg

生憎の天気でしたが、田沢湖にも寄りました。泳いでいる子供達がたくさんいたので、

ムスメも下着姿で遊ばせました。親は足を入れた瞬間、顔をしかめるくらい冷たかったんですけどね。。

d0077992_1841278.jpg

そして先週は地盤調査の立ち会いで沿岸部へ。

特に問題なく、計画通りの基礎で進められる事になり一安心。

d0077992_18411774.jpg

同じく先週、住宅展示場を見学しに仙台へ。

それぞれ自社の家を良く見せたいのはわかりますが、坪単価80万円超で60坪、4人家族の想定

との事ですが、一体どんな方を想定されているのでしょうか。。
d0077992_18223854.jpg

3連休は1日お休みをいただき八幡平へ。

紫陽花が見頃を迎えています。


本日は建物見学&調査のため、とある町へ。
d0077992_1824341.jpg

d0077992_18241627.jpg

昔家具屋さんを営んでいた、商家の家。

釘を使わず、土台は栗、床は桐。梁も立派なものでした。店舗から続く通り土間は、傾斜地なので

階段があり、それがとても素敵な空間を演出していました。

こちらのお宅は倉も合わせて4棟の建物があります。古いものだと100年近く経っている

建物もあります。お客様は古いものを大事にしたい、という考えの方なので、部分的に

不具合のある部分を改修していく計画を長いスパンで考えて行きます。
[PR]
by gda-314 | 2014-07-24 21:30 | 建築 | Comments(0)

研修2014 vol,2

d0077992_21294379.jpg

二日目は岐阜まで足を延ばし、江戸時代の宿場町である「馬籠宿」へ。

d0077992_21301074.jpg

坂道がキツいですが、往時の雰囲気を感じる事が出来ます。

d0077992_21305280.jpg

ひと際素敵な建物は雑貨屋さんと喫茶店。夏ならではの民芸品を購入し、

喫茶店で一服。それにしても蒸し暑かったです。
d0077992_2131350.jpg

昔の日本の建物は、とても素敵です。受け継ぐべきものが受け継がれず、効率、

クレーム対策のため、どんどん良いものが切り捨てられているように感じます。


d0077992_2131281.jpg

続いては長野との県境の「妻籠宿」へ。

d0077992_2132161.jpg

時代劇にそのまま使えそうな景観を保存しています。

d0077992_21321783.jpg

日本の気候に一番合う土壁。
d0077992_21323299.jpg

宿場には必ず綺麗な水が流れています。
d0077992_21325665.jpg

格子戸に掛けられた花。控えめながらもおもてなしの心を感じます。
d0077992_2236256.jpg

今まで見た宿場の中で一番のお気に入りは、やはり福島の大内宿です。

整然と並んだ旅籠は、屋根の勾配も統一され、どの建物も道路との距離が一定。

この辺りに昔の美意識を感じずにはいられません。

今回も実り多い研修となりました。
[PR]
by gda-314 | 2014-07-15 08:28 | | Comments(0)

研修2014 vol,1

急ではありましたが、11日から13日まで研修のためお休みをいただきました。

今回は飛行機を利用して以前からとても行きたかった場所の1つへ。

台風8号の影響で、飛行機が欠航になる可能性もあったため、直前でのお知らせとなりました。
d0077992_18235088.jpg

今回は伊勢神宮へ行ってきました。式年遷宮を終えて間もない伊勢神宮。

d0077992_1824711.jpg

鳥居で一礼してすぐに橋を渡ります。川上にはこのような柱が何本も建っていますが、

川の氾濫で流木などが橋にぶつからないように建てているとのことです。

理由があってのことですが、このあたりから既に神秘的な光景です。
d0077992_18242416.jpg

中はとても整然としています。ちなみに、真ん中は歩かないようにします。

真ん中は神様が通る道ということで、また、手水舎が右側にあることから右側通行です。
d0077992_18244096.jpg

神々しい景色がいくつも見られます。鈍感なほうですが、パワースポットと言われる所以が

ボクでも鮮烈に感じ取る事が出来ます。

d0077992_1825740.jpg

ガイドさんからお勧めされた、正宮が唯一見られる場所。

d0077992_18262243.jpg

言葉では言い表せませんが、木一つ見ても神が宿っているように感じます。

八百万に対して畏敬の念を抱いていた感覚が理解出来ます。
d0077992_18264178.jpg

正宮に向かう鳥居。この石段より上での撮影は一切禁止。参拝も正宮よりずっと手前で行います。

お参りをして、部分的に見える正宮とその手前の門などの辺りを見ると、仮に入って良いよ、

と言われても足が竦んで入れないだろうな、と思う程の雰囲気が漂っていました。

ちなみにお伊勢参りを「西の表参り」、そして山形の出羽三山神社を「東の奥参り」というそうで、

両方を参拝することが昔は価値があったそうです。山形は比較的行きやすいので、近いうち

行こうと思います。
d0077992_18271125.jpg

参拝後は門前町のおはらい町を散策。三重の名物が並んだ通りを歩きました。

あまりの暑さに、地元の地ビールをいただきました。ペールエールの生は、とても香りが良く、

コクのあるビールでした。伊勢うどんは、じゃじゃ麺でコシの無いうどんを食べ慣れていても、

甘ったるい味付けがなかなかどうして厳しかったです。。
[PR]
by gda-314 | 2014-07-14 08:12 | | Comments(0)

お知らせ

d0077992_8293821.jpg

住宅事業部は研修のため、本日から13日までお休みをいただきます。
何卒宜しくお願い致します。
[PR]
by gda-314 | 2014-07-11 08:28 | Comments(0)

愛でる

梅雨時生まれのせいか、雨の日が嫌いではありません。

今週は午後になると急に雨が降る毎日です。
d0077992_17142312.jpg



雨音になぜか癒しを感じるので、ボーッと眺めている時間も好きです。

外に出るのを諦めると、家でやるべき事が頭を駆け巡り、割と充実した日になる事も

好きな理由なのかもしれません。


最近では軒を出さない家が多いので、降り始めのわずかな雨でも急いで窓を閉めないと

家に入ってしまいます。

理想としては軒を1、2〜1、5mくらい出して、樋を付けずに砂利に落ちる雨を楽しみたいですね。


また、新興団地では、建物の際まで舗装している家を多く見かけます。軒の出が無く、

舗装を際まで施してしまうと、雨の跳ね返りが外壁に当たり、汚れや耐久性低下の原因にもなります。

雑草対策のためと聞きますが、出来れば建物外周1mくらいは砂利を敷いた方が良いと思います。


雑草対策としては、木を植える事も有効です。日陰をつくってくれる中高木は、雑草が好きな

直射を遮ってくれるので、お気に入りの植栽で庭をつくると、自然と雑草も減ります。

d0077992_17224731.jpg

雨の日のバーベキューは驚く程快適です。暑さも和らぎ、虫も少なく、何より、外は雨なのに

屋根に守られた空間で食事が出来るのは、結構贅沢な気分になります。

たとえ、飲んでるお酒が600円のワインであっても。。
[PR]
by gda-314 | 2014-07-04 17:47 | 建築 | Comments(0)