<   2015年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

春の気配

先週は松尾鉱山の採掘場跡の山を滑ってきました。
d0077992_17454496.jpg

春を思わせる陽気。駐車場でシールを貼り、出発します。

アスファルトが見えることからも、春の気配を感じます。
d0077992_17455681.jpg

登り始めは除雪されていない道路の上を歩きます。
d0077992_1746469.jpg

先日の地震が誘発したとされる雪崩の痕。広範囲に渡り表層雪崩が起こった事がわかります。
d0077992_17464817.jpg

汗ばむほどの晴天。でも汗をかいてしまうと冷えるのが怖いのでゆっくりと進みます。
d0077992_17494759.jpg

ピットチェックも欠かせません。これから滑る斜面を知る事は非常に重要です。

雪の断面を観察すると、いろいろな情報が得られます。この日は早くも黄砂が確認出来ました。
d0077992_17493810.jpg

休憩中のお師匠さん。いつもは撮る側に徹していらっしゃるので撮ってみました。

快晴で大自然がバックだと、絵になります。
d0077992_17495399.jpg

到着です。この日も結構な高低差を登り返し、練習とエンジョイと両方とも充実。
d0077992_17503655.jpg

皆さんで描いたトラック。この日はボク以外は東京方面からいらした方々。年齢もボクが最年少。

でもお話を伺うとボクよりもたくさん、そして様々な山を滑っていらっしゃいます。

改めてテレマークスキーは生涯スポーツだなぁ、と感心しながら実感しました。
d0077992_17505576.jpg

これから東京にお帰りになる皆さん。滑った後、バス、新幹線、電車を乗り継ぎ帰宅する。

そのバイタリティがすごいです。

d0077992_17521053.jpg

大きな音が聞こえたので外に出て見ると、リゾートスキー場で花火が上がっていました。

冬の花火はとても綺麗です。八幡平では今、様々なイベントが催されているみたいです。

是非冬の八幡平を楽しんでみてはいかがでしょうか。
d0077992_21394127.jpg

[PR]
by gda-314 | 2015-02-23 08:45 | 八幡平ライフ | Comments(0)

雨水

d0077992_23142220.jpg

立春も過ぎ、もうすぐ24節気の「雨水」なのに寒い日が続きました。

そんな中でも薪ストーブは柔らかで頼もしい暖かさをもたらしてくれます。
d0077992_2314227.jpg

先週は最終日に小岩井雪祭りに行ってきました。この日は風がなく暖かかったです。

ムスメはソリとアスレチック遊びに夢中になり、お目当てのプリキュアショーも忘れるくらいでした。

d0077992_23143046.jpg

セミナーにも2つ参加。

住宅エコポイントが復活します。リフォームももちろんですが、設備の更新のみにも適用されます。

また、今までご提案してきた仕様について、ボクの考え方を後押ししてくれるような内容の

セミナーにも参加してきました。数字(性能)だけではない住宅の重要な部分を、数字(データ)

に教わりました。
d0077992_2316629.jpg

教わったといえば、相変わらずテレマークスキーをお師匠さんに教わっています。

この日は下倉スキー場近郊のオフピステ。南斜面でなかなか難しい雪でした。

d0077992_23344077.jpg

南斜面といえば、網張スキー場にも行ってきました。最強寒波が到来した月曜日。

せっかくお休みをいただいたので行ってみると、寒さは厳しいものの、第3リフトのコースは

雪質が最高でエンジョイ出来ました。

公私共に充実した日々を過ごしています。、いや、私のウェイトが高い、かな。。
[PR]
by gda-314 | 2015-02-16 23:43 | photo sketch | Comments(0)

手間隙

d0077992_1543456.jpg


以前良くコーヒー豆を買い求めていたお店が移転したとのことで、訪ねてみました。

いつもながらヒゲをたくわえた店主が笑顔で出迎えてくれました。

丁度店の玄関先の日当りの良い場所で、老眼鏡をかけて生豆のハンドピックの最中。

丁寧に良い豆だけを選んで焙煎機へ。この手間を惜しめば決して良い豆にはならない、と店主。

その日のお勧めだというグアテマラを買い、早速自宅で淹れて、いただきました。

d0077992_15441781.jpg

とても元気が良い豆。蒸らしのため少量のお湯を注ぐと勢い良く膨らみます。

d0077992_15442762.jpg

二回目の蒸らしでは泡が出てきます。これは雑味の元と言われていますので、決して落とさない

ように、かつゆっくりとお湯を注ぎます。
d0077992_15445372.jpg

淹れたい量に近づいてきたらお湯を多めに注ぎ、規定の量になったら途中でも捨てます。
d0077992_15451022.jpg

出来上がりです。

せっかく手間隙かけて焼かれた豆、やはり淹れるのも手間を惜しまずに丁寧に淹れます。

沸いたお湯で直接淹れるより、ポットに移してから淹れると適温になります。

事務仕事や図面書きで1日会社にいる時には、良い気分転換になりますし、少しだけ贅沢な

時間を過ごしているような感覚も得られますよ。

こちらのコーヒー店では1杯400円で飲むことも出来ますが、量は2杯強淹れてくれるので

お得です。豆の種類も豊富で、試飲ならぬ豆の試食をさせてくれます。また、豆を浸してつくった

豆水や、コーヒーゼリーのコーヒー蜂蜜(コーヒーの花の蜜でつくった蜂蜜)かけなど、様々な

コーヒーの楽しみ方も提案していますので、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこちらの豆は10gで1杯分出せるので、リーズナブルです。

花坂珈琲  盛岡市緑が丘3−1−30  TEL 019-661-1420
[PR]
by gda-314 | 2015-02-07 16:09 | Comments(0)

お楽しみ

d0077992_15485675.jpg

1日会社に籠っている時の楽しみは3時のコーヒー。

コーノのグラスポットとドリッパー、そしてタカヒロの雫ポット。

ゆっくりと淹れて、ゆっくりと楽しみます。何より大事なのは元気な豆であること。

お正月に兄からもらった20年以上エージングしたモカマタリはとても元気です。
[PR]
by gda-314 | 2015-02-05 08:30 | インテリア | Comments(0)

温故知新

d0077992_8575063.jpg


余っていた鉢を使い、火鉢にしました。

仕事の時に机の下に置いておくと、仄かに柔らかな暖かさが伝わってきます。

足がぶつからないように注意しながらやかんでお湯を沸かし、コーヒーを淹れる。

くれぐれも換気には気をつけなければいけませんが、炭火の温い感覚はボクには

とても新鮮に感じます。
d0077992_181117100.jpg

[PR]
by gda-314 | 2015-02-04 08:10 | インテリア | Comments(0)

gear3

d0077992_17545589.jpg

以前から欲しかったステップソールを購入しました。

鮮やかなブルーが目を魅きます。
d0077992_1872471.jpg

滑走面にウロコ状の加工がされたこの板。シールをつけずにある程度の斜面までは

登れるので、山で大活躍しますし、春のツアーにももってこい。
d0077992_17561018.jpg

ブーツも軽いものを購入。ボクがテレマークスキーを始めたのは、ゲレンデだけでなく

山を滑りたいと思ったから、そして単に滑るだけでなく、もっといろんな要素で山を楽しみたいと

思ったからなので、その上で身軽になれる道具というところにはこだわりました。

財務大臣(妻)に感謝です!
[PR]
by gda-314 | 2015-02-03 08:30 | Comments(0)

オフピステ

d0077992_17301650.jpg

犬がソファで丸くなっているのを横目に、お師匠さんのオフピステレッスンに行ってきました。

場所は旧八幡平スキー場。昔はスキー場ですが今は整備のされていない山。
d0077992_17311442.jpg

40分くらい登ったあたりでピットチェックを行います。
d0077992_17325363.jpg

総勢6名で1、5m程の深さまで堀り、チェックに必要な広さも確保します。
d0077992_17333238.jpg

80センチくらいの深さのところに氷板があり、その上の雪は非常に軽い雪だったため、安全を

考慮しここからレッスンを始めることに。
d0077992_1735851.jpg

滑り出すと時折腰まで届く程のパウダー。ボクはリュックを背負いながらの滑りに慣れておらず、

3回程転びました。
d0077992_17334157.jpg

登り返し3回目くらいから感覚をつかみ、なんとか滑れるようになりました。
d0077992_17335169.jpg

この日も東京、気仙沼、岩泉と、遠方から集まりました。

年齢も上は60歳以上。いつもながら皆さんのアグレッシブさには驚かされます。

一番近いボクは集合時間ギリギリ。そして忘れ物もしたりして。。

ご迷惑をかけないよう、ボクも精進します。
[PR]
by gda-314 | 2015-02-02 17:52 | 八幡平ライフ | Comments(0)