<   2015年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

適材6

d0077992_17244086.jpg

N様邸はフローリング貼りまで進みました。

耳付き杉板のようなフローリングです。500mlのペットボトルと比較して、

その巾がおわかりいただけるかと思います。

無垢の杉板の場合、このような巾での採用は非常に気を遣います。店舗であればビスで

留めて暴れを抑えることが出来ますが、それでも相当な厚さで、出来れば充分自然乾燥

したものでなければいずれ手直しが必要になってきますし、杉は柔らかい材料なので、

ベッドや家具を置く場合は注意が必要です。

そう遠くはない老後を考慮してご提案したフロア。その表情と存在感にはN様にも

御納得いただけました。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-29 17:35 | 建築 | Comments(0)

聴竹居1

ネットで何でも買える時代ですが、ボクは定期的に本屋さんに通います。

本屋さんの雰囲気が好きなことや、いろんな人がどんな本に興味があるのかに

興味があること、何より、棚に並べられている、まだ見ぬ本との出会いがあることが

通う理由なんだと思います。
d0077992_8215280.jpg

そして先日、巡り会った本。藤井厚二という建築家が最後に手がけた住宅の作品集。

恥ずかしながらこの本でこの建築家を知りました。読み進めるとボクが日頃思っている

事を、だいぶ昔から提唱、そして実践された方です。
d0077992_822267.jpg

欧米視察をし、意匠と最新設備を学んですぐに訪れた関東大震災。

そこで藤井は「無条件で外国の建築を受け入れたものが、日本の気候風土に対して

如何なる結果をもたらすかは申すべくことなく明らか」として、いっそう「日本の建築」を

強く意識することになったそうです。

何回かに渡り、こちらの本をご紹介していこうと思います。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-25 17:20 | | Comments(0)

感謝

d0077992_2211375.jpg

先週は誕生日、そして10回目の結婚記念日でした。

お互いの親を招き、馴染みのお寿司屋さんを少しの間だけ貸し切りさせていただいて、

ささやかながら感謝の気持ちを伝えました。

若い時分には、なかなか照れくさくて出来なかったことですが、年を重ねていくにつれて、

親への感謝の気持ちも大きくなっています。

d0077992_2211376.jpg

ここの板さんであるKさんは8月には海外に引越されてしまいます。

腕だけでなく、その人柄に惚れて通う方も多いです。ボクの母親も初対面でしたが

Kさんをとても感じの良い方だと褒めていました。
d0077992_22115587.jpg

この日本酒を空けて、後半の記憶が殆ど無い、という失態を除いては、感謝の気持ちを

伝えられた事と思います。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-25 08:30 | Comments(0)

N様邸改修工事

d0077992_12434813.jpg

「楽しむ備え」のご案内をして程なく、各地で大雨の被害、そして小規模では

あるものの浅間山の噴火など、自然災害が相次いでいます。

岩手でも紫波や滝沢などで大雨の被害がありました。浸水、土砂災害、落雷など、

避難を余儀なくされるケースが多くなっています。常に防災意識を高めていなければ

ならない時代になってきています。

「楽しむ備え」は、そんな今の時代にマッチした、遊び道具であり防災ギアですよ(ちゃっかり宣伝です)


d0077992_1274113.jpg

N様邸の改修工事が始りました。

床を解体したところ、木材の腐食が激しく、また隣家より土地が低く、

湿気がこもっていたため急遽、砕石を入れ、防湿シートを敷き、コンクリートを打設しました。

今回はフロア材に以前より採用したかったものを貼ります。無垢材ではないですが、

お施主様の年齢、リフォームを思いたった経緯などを考慮して選びました。

ボクがお勧めする材料は、勿論良いものだとの自負はありますが、頑にそればかりをお勧め

するのではなく、お客様が将来を考え、こういう風に使いたい、という思いを考慮した上で、

素材や材料を選びます。

意匠的にも、30センチ近い巾のフロア材はきっとご満足いただけるものと思います。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-18 17:07 | 建築 | Comments(0)

楽しむ備え

d0077992_21545034.jpg

当社が代理店になっている薪ストーブの製造元「モキ製作所」さんから、新しい提案の

案内が届きました。

「楽しむ備え」という提案です。対象としては公共施設や企業を想定した内容です。

取り外し可能な薪ストーブを年間を通して最大限、楽しみながら活用する。

平時はイベントなどで外で利用し、災害時は室内に搬入して停電時のストーブ、調理器具として

使いましょう、という提案です。
d0077992_21543168.jpg

最近の地震や火山活動から鑑みると、いつどこで災害が発生しても不思議ではない状況です。

また、近年の自然災害は大雨、竜巻、それに伴う土砂災害など、至る所で災害の

起こる可能性があります。

薪ストーブは「備え」だけでは費用が高く、また暖房としても約半年は使わずに鎮座しています。

平時においても最大限活用することにより、費用対効果も得られますし、

最近話題になっている火育と食育の両方に活用出来るよう、様々な調理に対応出来ます。

興味がある方はパンフレットを差し上げますので、お気軽にお問い合わせください。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-09 08:30 | Comments(0)

初夏

d0077992_758367.jpg

先週末は久しぶりに八幡平へ。

清々しい朝の散歩は県民の森へ。トレッキングの方やラグビーの合宿の学生などが

早くも集まっていました。
d0077992_758101.jpg

芝生に群生する可愛いスミレ。
d0077992_7591282.jpg

日差しが強くても森の中は爽やかです。
d0077992_7594333.jpg

初夏真っ只中な八幡平ですが、今年は毛虫がとても多いです。

木の下を歩くとあちこちで糸を垂れているので、散歩の際は注意が必要ですよ。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-08 08:09 | 八幡平ライフ | Comments(0)

芒種

間もなく24節気の「芒種」です。籾殻をもつ植物の種を蒔くころだそうです。


日が長いと1日が長く感じます。

仕事を終えてもまだ明るいと、何かしようかな、という気になります。

趣味やお稽古ごとなども前向きに取り組めそうな気持ちになります。

さて、そんな1日が長い先日、以前より気になっていた真空管アンプが盛岡市内で

視聴出来る事を知り、早速取り扱っているオーディオショップに行ってきました。
d0077992_12582728.jpg

数種類のスピーカーで聴くことが出来ます。クラシックはダイアトーン、ジャズはJBLで

聴かせていただきました。
d0077992_12582062.jpg

秋田県の小さな会社が作っている真空管アンプ。

オーディオは得てして「高額=良い音」という図式が浸透しています。

ボクの場合、「音を聴く」のではなく、「音を楽しむ」、という基準で機材を選びます。

この真空管アンプはまさに音楽を楽しむのにピッタリなアンプです。

エンクロージャーの話しになり、店主のお知り合いで趣味で木工をやられている方が

いらっしゃる事を教えていただき、更に聞くとこちらで使用しているラックや椅子もその方の

製作したものだとのこと。

拝見すると、趣味の域を脱した仕上がりで、早速コンタクトをとっていただき、その日のうちに

お会い出来することが出来ました。とても親切価格で製作していただけることになり、これで

やっと兄からもらったJBLドライバーに日の目が当たりそうです。

木工の方とは趣味や使っているスピーカーが同じで、共通の友人もいたりと、なんだかついさっき

会ったとは思えない感覚。

オーディオショップの店主Fさん、木工のTさんと、オーディオを通じて

新しい良い出会いに恵まれた1日でした。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-03 17:30 | 音楽 | Comments(0)

外出しない休日は家でゆっくりと

d0077992_18104561.jpg

先日の湯沢のカフェで買ったお香です。
d0077992_18101784.jpg

マッチのように側面の黒い部分で刷り、火が芯まで着いたら右の不燃マットに置きます。

10分ほど煙が出て、部屋に良い香りが広がります。レモングラスとイランイランを購入しました。
d0077992_18103116.jpg

18時くらいでも明るい、天気の良いお休みの日は、ニッカの工場で買った

オリジナルウイスキーでハイボール。

親友からいただいたバカラのグラスで、やはりこちらも香りを楽しみながらいただきました。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-02 08:10 | インテリア | Comments(0)

メンテナンス

d0077992_11452479.jpg

先月お譲りいただいたピアノの調律をしていただきました。

ピアノの構造を丁寧に教えていただきながら、調律の度に変わる音にビックリしました。

d0077992_11453874.jpg

お願いしたFさんは自身はブルースバンドに属しており、そして冬には氷の彫刻もされる方。

d0077992_11453130.jpg

ムスメも音が変わったことに気付き、自然に鍵盤に手がいっていました。

Fさんからも「しっかりとした良いピアノです。メンテナンスを続けていけばムスメさんの

お子さんにも受け継ぐことができます」と言われました。
d0077992_11454488.jpg

妻が仕事の休日はキッチン廻りの掃除と、毎日使うコーヒーミルのお手入れ。

分解し、刃の部分をブラシで丁寧に掃除。こちらも10年以上使っていますが、メンテナンスの度に

音が滑らかになります。

完成された形のものは、飽きることなく、永く大事に使って行けます。
[PR]
by gda-314 | 2015-06-01 08:30 | インテリア | Comments(0)