<   2018年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

霜降

d0077992_22172751.jpg
紅葉が枯葉になりつつある八幡平別荘地です。

朝夕の寒さに加え、日中の寒さも堪えるようになってきました。
d0077992_22183100.jpg
と思っていたら、岩手山の頂上付近が白くなっていました。

頂の白、中腹の紅葉、そして麓の緑。

季節の移り変わりがグラデーションでわかります。
d0077992_22373840.jpg
工事もいよいよ佳境のK様邸。

d0077992_22340480.jpg
下塗りが終わり、仕上がった漆喰。

左官屋さんの鏝さばきに見とれながら、その進捗具合を確認。

建築の職人の高齢化は、どの分野でも深刻です。

今回塗っていただいている職人さんたちも60代から70代。

大ベテランなので仕事は素晴らしく、また年齢を感じさせない仕事ぶりで、

頼もしい反面、この次を担う世代は30代だそうです。

うまくバトンタッチできればと思います。

d0077992_22332714.jpg
玄関土間にはPSさんの除湿型放射冷暖房パネルが、土間から2階の床までそびえ立っています。

温風で不快にならないよう、そして建築で調湿をある程度担い、足りない分を補うように

設置しました。
d0077992_22180395.jpg
トイレの壁1面に、湿気吸収と消臭効果のあるタイルを張りました。

その効果と共に、落ち着きのある雰囲気を演出するよう、スレートの色を選択。
d0077992_22175625.jpg
お風呂の床はサーモタイル。腰壁と浴槽内は十和田石。

壁と天井には青森ヒバを張りました。広々と、足を伸ばして入浴していただけます。


今回も大々的な宣伝はしませんが、完成見学会を開催させていただく予定です。

平準化、効率化、住宅会社のアイコンとなるように仕向けられたデザイン。

そういったものと無縁で対極にある当社の家づくりをご覧いただけたらと思います。





[PR]
by gda-314 | 2018-10-30 08:34 | 建築 | Comments(0)

K様邸便り4

d0077992_08384368.jpg
現場が終わるころにはすっかり日が暮れるようになりました。

最近は良いお天気が続き、月の灯りが明るく感じます。
d0077992_08390491.jpg
K様邸は壁の仕上げ。

今回は卵の殻が入った漆喰を塗ります。

パッと見は白ですが、良く見ると赤卵の色が細かく鏤められています。

K様邸ではビニールクロスを貼る場所は無く、

床は無垢のフロア、畳。

壁は漆喰、シナベニヤ、桐ベニヤ。

天井は青森ヒバ、レッドシダーで仕上げます。

材料の持つ吸放湿性能で快適な室内環境が整うことを期待します。

仕上げ材で湿気調整なんてできるもんじゃない、なんて言う評論家様もいるようですが、

例えば畳は1枚で500mL分の水分を吸放湿出来ます。

フローリングも無垢材であれば同じように作用してくれます。

そのような方には是非、ヨーロッパ旅行よりも日本の古民家に滞在して

体感していただきたいと思います。
d0077992_08385434.jpg
メインの部屋は勾配天井。大きな家なので水上ではほぼ2階建ての高さ

となるため、これから内部に足場を組んで漆喰を塗っていきます。


[PR]
by gda-314 | 2018-10-24 08:47 | 建築 | Comments(0)

額縁

見学にいらっしゃるお客様から、

「窓が絵画のようですね」と感想をいただきます。

窓も外見上のカッコ良さだけでなく、あくまで家の中から

どう見えるか、視線の先にあるもので見たいもの、見たくないもの、

あるいは外から家の中が見えてほしくない箇所、光や風を導くための窓、

など、様々なシチュエーションを考えて配置するべきと思います。

とはいえ、K様邸はどこを切り取っても良い景色なんですけどね。。
d0077992_08033977.jpg
d0077992_08033404.jpg
d0077992_08032688.jpg
d0077992_08031810.jpg



[PR]
by gda-314 | 2018-10-16 08:09 | photo sketch | Comments(0)

K様邸便り3

d0077992_08280007.jpg
紅葉前線がよくわかるK様邸。

日々赤みがどんどん山から下りてきます。
d0077992_08272810.jpg
別荘地周辺も紅葉。

素晴らしい環境でお仕事をさせていただいています。
d0077992_08274228.jpg
母屋の内装工事と同時進行で駐車場の工事。

車2台の並列駐車、そしてご主人の趣味の作業スペースで、

結構な大きさです。
d0077992_08280925.jpg
台風や雨天が続きましたが、しばらくは秋晴れが期待できそうです。
d0077992_08361947.jpg
こちらは屋根、外壁の塗り替え現場。

お天気に恵まれずなかなか進みませんでしたが、いよいよ工事完了を迎えます。





[PR]
by gda-314 | 2018-10-15 08:38 | 建築 | Comments(0)

神無月1

d0077992_21463127.jpg
秋が深まりつつある八幡平。

お祭りが目白押しで、紅葉がきれいな時期となっているため、

連休中は渋滞も見られました。

ボクは、紅葉が枯葉となり、お祭りが終了し、冬が訪れるまでの

わずかな静寂の時期が最も好きです。

若いときは大勢でワイワイ、が最も好きでしたが、今では孤独と静寂も

捨てがたいという思いも芽生えています。
d0077992_21464596.jpg
連続した台風も過ぎて、K様邸は駐車場の建て方が始まりました。

別棟ですが、防風壁があり、母屋と駐車場との屋根が近接することで

風雨を凌ぎ、厳しい冬でも快適に生活できるようにしています。

雪だけでなく、最近の気象変化にも対応した動線が確保されています。


[PR]
by gda-314 | 2018-10-10 08:07 | 建築 | Comments(0)

不揃い

d0077992_17232527.jpg
K様邸の外壁の一部に張った材料。

1枚毎に表情の違いがあり、白華現象している部分もあって、1つとして同じものはありません。
d0077992_17233644.jpg
メインの杉板も、無垢材ゆえ同じものはないです。

サイディングは「同じもの」でなければ商品として失格なわけで、このような表情は望めません。

特殊な塗料を塗布して、赤味や白い部分、また日陰と日向でも変化に違いがあるため、

一層表情豊かになりました。とはいえ、塗布して1週間程度。

これからさらに変化が出てきます。
d0077992_17233041.jpg
収納系の部屋にはシナベニヤを貼りました。

窓が少なく暗くなりがちな収納の部屋に、シナベニヤの暖かくも柔らかい明るさで空間が満たされます。

こちらはこれが仕上げとなるため、継ぎ目の目地を合わせるのが非常にシビア。

大工さんはカンナやノミを駆使して加工していました。
d0077992_17232197.jpg
トイレ、洗面などの水廻りの天井には弊社定番の青森ヒバ。

芳香剤が苦手な方には最適な材料です。清々しい清涼剤となって御不浄空間が清められます。
d0077992_17231458.jpg
居室の天井にはレッドシダー。

こちらも赤味や白味が混在しており、吹き抜けの大空間に表情が出てきます。

d0077992_17234435.jpg
左官職人が1日がかりでしごいた玄関土間。

タイルを貼るわけではないため、失敗が許されない1発勝負。

職人のコテの跡が見えます。

商品として均質化、平準化した材料を多用せず、職人の手仕事の跡が見える。

そんな要素で出来上がった空間は、おしゃれさや格好良さとは無縁ながらも、

きっと豊かな空間になるものと思います。


[PR]
by gda-314 | 2018-10-01 08:00 | 建築 | Comments(0)