<   2018年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

完成見学会

d0077992_08563616.jpg
3日間にわたる見学会が無事終了しました。

今回はお客様の意向により、大々的な宣伝はせず、ある程度限定した

見学会となりました。

それでも県内遠くは花巻、県外は東京からわざわざ見学いただきました。

連休で初日は雪が降ったためどうなることやら、と思いましたが、結果的には一人で

対応するのにはギリギリの方々にお越しいただきました。
d0077992_08562519.jpg
見学いただいたお客様からは、とても暖かい、空気が乾燥していない、

床暖房かと思った、などの感想をいただきました。

薪ストーブは敢えて使わずに、人肌と同じかそれ以下の温水を連続運転させて

この大空間が暖かい、そして1階と2階の温度差が無い空間を体感して

いただきました。
d0077992_08560050.jpg
リビング奥の和室にまで日の光が差し込みます。

K様邸は建築の際、思い切って敷地の木は全て伐採、そして道路向かいの

放置された敷地も伐採しました。

その結果、やぶ蚊などの虫が格段に減り、このような日当たりを得ることが

出来ました。

当初は鬱蒼とした森の中に建てたいという想いがイメージとしてあったK様。

自然を愛するK様は当初、敷地の木すべてを伐採するのには消極的でしたが、

折れやすい白樺が殆どでしたし、建てた後では伐採も難しくなることを私以外の

方々からも説得され、伐採に踏み切りました。

あとはご自身が好きな樹木を植えて、ご自身が管理できる範囲で育てていけば

素敵な景観が出来上がるのではないかと思います。

いよいよ12月から移住されるK様。

気忙しい時期に引っ越しとなりますが、その気忙しさを心身ともに少しでも

和らげてくれるような住宅になったのではないかと思います。



[PR]
by gda-314 | 2018-11-27 09:16 | 建築 | Comments(0)

コントラスト


d0077992_15360719.jpg
例年よりも初雪が遅い八幡平。

まだタイヤ交換も済んでいないのでありがたいです。

とはいえ、12月に入るとすぐにテレマークスキーを始めるので雪不足も心配。

山は早く根雪になってほしいものです。

さて、K様邸は電気が通り、残工事もわずか。
d0077992_15315227.jpg
冬期の朝はこんな感じで清々しい朝を迎えられます。

暖房をつけていなくても少し暖かさを感じるK様邸。
d0077992_15321139.jpg
朝湯もこんな感じで入浴出来ます。

朝からこんなお風呂に入ったら仕事に行くのが嫌になりそうですね。。
d0077992_15323412.jpg
ハイサイドライトが効いています。上部が明るいことで、部屋が天空光のような明るさを

得ることができます。読書好きなK様ご夫妻が、目が疲れないように本を読める空間

というリクエストにお応えすることが出来たと思います。

d0077992_15324853.jpg
広々としたキッチン。
d0077992_15330495.jpg
夜はこんな感じで。

周囲が暗いので、家の明かりが尚更暖かく感じます。
d0077992_15334587.jpg
敢えて照明にコントラストをもたらすことで、安堵感を得ることが出来ます。

全て均等に明るいのは職場や学校で十分。

リラックスする家では細かい作業以外はこのくらいの明るさでも良いのでは

ないでしょうか。ダウンライトと間接照明は明るさの調整が出来ます。
d0077992_15343559.jpg
d0077992_15350489.jpg
影が出来ることで空間に奥行きをもたらします。

d0077992_15345122.jpg
等間隔に、かつ樹木を連想するように配置した柱が立つことで、この家の

空間構成に一役買っています。



[PR]
by gda-314 | 2018-11-19 08:31 | 建築 | Comments(0)

K様邸便り5

d0077992_18302692.jpg
K様邸の吐水口。

温泉が出てくる大きなお風呂に青森ヒバでつくりました。

今までは弊社社長がつくっていましたが、今回は大工さんに制作してもらいました。

d0077992_18295811.jpg
真っすぐ伸びる手すりも気持ちが良いものです。
d0077992_18305653.jpg
内部足場が外れて空間の全貌が見えました。

レッドシダーのランダムさが素敵に仕上がりました。

柱と梁が規則性をもって整然と配置され、空間に秩序が生まれます。
d0077992_18292168.jpg
白い漆喰と木の色が優しさを演出するK様邸です。

[PR]
by gda-314 | 2018-11-06 08:09 | 建築 | Comments(0)

霜月

d0077992_21560437.jpg
山では連日雪が降っているようで、白い部分がどんどん広範囲になっています。

d0077992_21561748.jpg
冬期はありがたい日の光。

この地域は冬でも比較的晴天率が高いので、暖かさと共に気分も良くなる効果が

期待できます。PSのパネルヒーターの塗装の素晴らしさも、日が当たるとよくわかります。

d0077992_21561189.jpg
母屋と駐車場棟は1,8メーターの離れ。

互いの屋根が90センチ出ているので、よっぽどの防風でもない限り、雨に当たらず

移動できます。

玄関の位置が駐車場に近接しているため、たとえ雨にあたるとしても微々たるものです。

d0077992_22054098.jpg
こちらは今週から始まったS様邸のリフォーム工事。

盛岡で2番目に古いマンションです。

今回S様は賃貸物件にするためリフォームを依頼されましたが、打合せを進めるにつれ、

「自分が住みたくなってきました」とおっしゃられました。

注文住宅では決める事が多いため、途中で疲れる方もいらっしゃいますが、

お客様の要望を聞き入れつつ、こちらからご提案する内容を吟味して、

スムーズに進めていくことが大事だな、と感じます。

コミュニケーションを取る中で、共通言語となりうるものを探す。

年齢、性別、立場といったしがらみを超えて初めて、答えが見つかるのかもしれません。





[PR]
by gda-314 | 2018-11-02 07:55 | photo sketch | Comments(0)